日本に住みたい!

娘たちは何か珍しいものを見つけると、カメラを持って突然いなくなる。
「ちょっと東京で迷子になったら、二度と会えないよ!」と追いすがると、
噂に聞いていた四角いスイカ!ハート型もある。

suika.jpeg

フランスにはない苺のショートケーキ。しかし名前はガトー・アン・フレーズ。

cake.jpeg

そして念願の竹下通りにたどり着く。私は20年ぶり?もっとかもしれない。

takeshita.jpeg

見るものすべてが「カワイイ!」「カッコいい!」「欲しい・・・」ので、なかなか前進できない。
『One piece』の帽子を見つけた!これでさらに「漫画の中にいるみたい」

chapeau.jpeg

プリクラ。
こういう女の子を見ると、必ず「美しい!」と振り返る。ちょっと形容詞が違うんじゃない?

filles.jpeg

竹下通りには、流行のものがパリよりずっと豊富で、値段も安い。リバティプリントのスカートが1050円。
生地も縫製もパリの中国製よりしっかりしている。2人ともスカートを購入。
「友達に見せたら、死ぬほど羨ましがられる」そうだ。

竹下通りで買った帽子とスカート(右)、実はキュロット。
look.jpeg

人がみんな親切で、素敵なものがたくさんあって・・・エマは「日本に住みたい」と言い出した。

毎日プリクラして、ショッピング・・・そりゃ学校行くより楽しいよね。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします


スポンサーサイト
コメント
お久しぶりです。期末テストや引越しなどで大わらわでしばらくはコメントが書けませんでしたe-263

まさかパリに苺のショートケーキがないとは!今までなんとなくあると思っていました。

パリっ子にとって東京は新鮮なところですね。フランスにはプリクラってないのですか?
Re: お久しぶり
フランスにフレジエという苺入りケーキはありますが、日本のショートケーキとは違いますね。
プリクラは、ジャパン・エクスポ(日本のサブカルチャーフェア)にでも行かないとないのでは?
10代の子供たちにとって東京は好きなものが詰まったテーマパークみたいです。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ