25分で何が盗めるか?

私は、3時にうちを出た。娘は3時25分にうちに着いた。
うちに誰もいなかったその25分の間に、“そいつ”は2階の窓から押し入り、ノートパソコン2台と、携帯電話を盗み、それらを運搬するかばんまで物色して出て行ったのだ。
私が帰ったとき、やけに隙間風が寒いんで、2階に行ったら、窓が全開になっている。うちの(若いほうの)猫は、最近窓を開けて中庭に飛び降りることを覚えた。
「ほう、全部開けるとはエライ・・・」と感心しながら、机を見るとなんだかガランとしている。
ノートパソコンがない!
引き出しがあちこち開けられているのに気づいた。やな予感。
「カミーユ、私のパソコン持って行った?」希望を込めて聞いたが、
「全然触ってない」
ガーン。空き巣に入られたんだ。夫のパソコンも消えていた。

区の警察署に電話する。警察に言ったって、何も戻ってこないのは承知の上だけど“盗難届け”を出さないと、保険が下りない。
30分くらいして3人組の警官が現れた。パソコンが盗まれたと言ったら開口一番、
「Personnalitésのメールアドレスや電話番号は入っていなかったか?」
「ペルソナリテ?」
「そう、政界の人とか有名人とか」
「いいえ・・・」
次いで職業とか、盗まれたパソコンのメーカー、値段、保険会社の名前とかお決まりのことを聞かれるが、さっきの質問が引っかかっていた。
つまり政治家や著名人に危険が及ばなかったら、どうなってもいいってこと?それもサルコジのお達し?庶民を護るのが警察じゃなかった?・・・と、怒りがこみ上げたときは、彼らは帰った後だった。

過去2回空き巣に入られたが(自慢にならないけど)、必ず建物の中で工事をやっている時だ。
一日中、いろんな人が出入りしていて、住人が“鍵をかけて出て行った”隙を狙ってパッと入ってさっと盗む。見張られてるってこと。
ドロボーはそれぞれ盗品を売り飛ばすネットワークを持っているので、盗む物が違う。
前回は古書や、夫がおばあさんから受け継いだブロンズの置物が盗まれ(アンティーク屋のネットワーク)、今回はエレクトロニクス関係だ。
パソコンはまた買えるけど、あれだけのデータや写真!こういうことは自分には起こらないと思っていたので、ろくにバックアップも取っていなかった。なんたるアホ。
でももしかしたら娘がドロボーと鉢合わせしていたかもしれないし、娘も猫2匹も無事だったので良しとしよう。

パリは日本の都市に比べてかなり物騒なので、在住者の方、どうぞ気をつけて。パンを買いに行くときでも窓までしっかり鍵をかけ、盗難保険に入り、貴重品の領収書は取っておくこと・・・自分に言い聞かせていることですが。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
コメント
20年以上もパリに住んでいらっしゃるのに泥補に入らたとは、シヨックです。つまり、どのように気をつけていても、いつかはやられると言う事でしょうか(私はまだパリに来て10ヶ月の者です。)。私の夫の知り合い(仏人)も窓を開けて寝ていて、エルメスのバッグを盗まれたそうです。起きてこないように、ガスかスプレーのようなものをまいて。アパートを空ける時は何時も心配です。防犯対策をした方がいいかと考えています。
Re: タイトルなし
パリジェンヌ様

うちは一番狙われやすい地上階の上、凝りもせずに窓に鍵をかけていなかったので特別です。鍵をちゃんとかけて出かければ「いつかはやられる」とご心配にならなくても大丈夫と思いますよ。休暇で留守にされるときは、郵便物を誰かに毎日取ってもらう(溜まっていると留守がバレる)ようにされたほうがいいです。


コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ