空腹感がない、成功者が多い、リバウンドが少ない・・・と人気が高いDr.ピエール・デュコン(Pierre Dukan)のダイエット。
そのメソッド本『Je ne sais pas maigrir/痩せられません』は150刷、100万部突破とフランスでは超がつくベストセラーだ。

ファンクラブまであるデュコン先生と問題の本
je-ne-sais-pas-maigrir-pierre-dukan.jpg

一言でいうと高プロテインダイエット、攻撃・続行・補強・安定の4段階に分かれている。

『攻撃期』は、野菜も果物も脂肪分もなしでひたすらたんぱく質だけ。脂身の多い豚とその肉加工品、羊肉を除いて、肉・魚・卵・脂肪分0%の乳製品は食べ放題。一日1.5ℓの水かお茶、20分歩くのも条件だ。

『続行期』はたんぱく質+野菜(ジャガイモや乾燥豆などを除く)が食べ放題。パラフィンオイルのドレッシングが許される。パラフィンオイルは日本語では石蝋と呼ばれ(つまり蝋燭の原料なんだわ)食用にされるのは「食品添加物認可流動パラフィン」と呼ばれているようだ。不味そう・・・

次の『補強期』になって、バナナとブドウ、さくらんぼを除く果物が食べられ、週に2回、糖質をとっていい“祝宴”が許される・・・などなど。
なぜこの本を読むことになったかというと、夫が100kgを越え、お医者からも体重を落とさないとヤバイと言われ、それでも「好きなものを食べられないなら早死にしたほうがいい」などと言っていたのが、突然ダイエットの決心をしたからだ。
ストレスが増すと食欲も増し、ストレスがなくても増し、「胃が痛いってどういう感じ?」というほど胃が丈夫で、中年過ぎからスクスクと太ってしまった人だ。友達に2人、デュコン式で痩せた人がいて、本も売れてるようだし、これでやってみようか、と。

『攻撃期』の最中の夫は、朝は半熟卵2個に乳脂肪0%のヨーグルト2個、昼はゆで卵にステーキ2枚、夜は低脂肪のハムと魚のホイル焼き2人分・・・というようなメニューで、オヤツはSURIMI(日本ではかってタラバーという名前でデビューしたカニの足のフリをしたカマボコが、フランスではすり身と呼ばれている)をパクパク。付け合せもなくひたすらステーキだけ食べるのは味気ないと思うけど、たんぱく質はお腹持ちがいいし、“食べ放題”も魅力で、全然辛くないそうだ。
それぞれの『期』の長さは、落としたい体重、年齢、過去に何回ダイエットをしたかで違い、攻撃期の目安は1週間前後だ。

初めて5日目で「3kg痩せた!」
「スゴイじゃない!で、何kgになったの?」
「101kg」
「じゃ104kgもあったってこと?!」
それじゃダイエットの決心もするわけだ・・・
目標は90kg。続きをお楽しみに。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
コメント
質問です
初めまして。
私は、日本でフランス人の夫と暮らしています。私の夫もデュカンダイエットを最近始めました。
パラフィン油について調べていて長谷川さんのブログを見つけ、うちの旦那様も105kgからのスタートだったり、surimiが好きだったりと似ているところが多く、ちょっと嬉しくなりました。
日本ではまたまだ知られていないダイエットなので質問させていただきたくメールをしました。
このダイエットでは、味噌や醤油を使っても良いのでしょうか。それと、パラフィン油は日本にもあるのでしょうか。
Re: けいこ様
そうですか、ご主人も始められたんですか!

デュカンは、たんぱく質をたくさん取り脂肪を燃やし、でんぷん(糖分)と脂をとらないダイエットなので、醤油や味噌は使えます。ご飯が食べたくなるほどからくしないのがコツです。
パラフィン油・・・日本には何でもありそうなので見つかると思いますが、フランスでは薬局にしか売っていません。
結局、サラダはバルサミコオイルだけのほうが美味しいといって、夫はこの油を使いませんでした。

このダイエット、日本人と日本の食生活には難しいように思います。
最初の期間、野菜もなしで肉・魚・卵だけひたすらに食べるのが特に。
夫は、たんぱく質のみは1週間だけで、あとは糖質と脂質をやめていました。
頑張ってください。

たかこ
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ