ノエルのおめかし、煌くパリ

あまりの寒さにユニクロにヒートテックを買いに行ったら、同じようなことを考える人が多いらしくスゴイ人。
入り口でくじけて、回れ右をすると、目の前にギャルリー・ラファイエットのイリュミネーションが広がった。
綺麗!寒いのも忘れて、思わず立ち止まる。

GLface.jpg
photo:Kozumi Higaki

神戸のルミナリエを作ったイタリア人アーティスト、ヴァレリオ・フェスティの作品で、2002年に始まった。
デパートはテーマによって毎年ノエルのデコレーションを変える習慣だったので、ギャルリーが毎年同じものを使い出すと「何回か使わないと採算取れないのね」という声もあったが、間もなくギャルリーの“ノエルの顔”ということで定着した。群を抜いて綺麗だ。
今年は11月4日にアリエル・ドンバルが“点灯”。なんでドンバル?と思うけど、あの人、白雪姫みたいな格好好きだものね。

子供が小さいときは必ず一緒に見に来たおもちゃのウィンドウ。その後、「アレ買って、コレも買って!」をかわすのが大変だったけど。
GLvitrine1.jpg
photo:Kozumi Higaki

シャンゼリゼのイリュミネーションは、11月22日、ドラノエ市長にエスコートされたメラニー・ローラン(下の写真)がスイッチを押して点灯。大通りを縁取る415本のプラタナスが煌き、大人にも夢を見させてくれるマジック光景になる。

Champs1.jpg
photo:Kozumi Higaki


melanie-laurent_4.jpg

と、喜んでいると、資源節約の観点から横槍が。
クリスマスのイリュミネーションはフランス全体で1300MWを消費する、と言われてもピンとこないけど、原子力発電所一基分のエネルギー量に相当する、と聞くとすごそうだ。
お金でいうと、パリ市全体で300万ユーロ(約3億3300万円)。これでもLED(発光ダイオード)のおかげで随分節約されているとか。
エネルギー量も金額も膨大ではあるけど、通りかかる人みんなをクリスマスの光で包むイリュミネーション、やめないで欲しいと思うけど・・・



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください


スポンサーサイト
コメント
はしめまして^^
初めまして。いつも楽しく読ませていただいています。
またパリに行くことを夢見て、フランス語特訓中です・・。

ラファイエットの美しさに思わず、「わぁぁぁ」と言ってしまいました^^;
ルミナリエみたい(家が神戸に近いので)と思ったら、同じ方のデザインだったんですね。

イルミネーションは大人も子供も、どきどきわくわくしますね。

今年も息子と一緒に、パリには行けませんが^^;神戸のルミナリエへ行くつもりです。
Re: kao様
読んでいただいてありがとうございます。

クリスマスツリーやイリュミネーションって、心までぽっと暖まる気がしますよね。
私はルミナリエをまだ見たことがないので、いつか是非。

フランス語、がんばってください。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ