一般公募で選んだ男女を、一軒家に閉じ込めて、24時間バスルームまでカメラが追いかけるLoft Storyが最初のテレ・リアリテ(リアリティ・テレビ)として騒がれたのは2001年のこと。
その後、Nice Story(ナイスではなくニース・ストーリー)、les Colocataires(同居人たち)、Secret Story(同居人の秘密を暴き合うという伏線)など、舞台やルールを変えて、同じような番組が次々と現れる。
視聴者の投票で、毎週誰かが脱落し、最後に残った(つまり一番支持者が多かった)人が賞金(先月終わったSecret Story4では20万ユーロ)を獲得し、タレントへの道を歩み始める・・・というのは同じだ。
娘が熱心に観ていると、兄貴が「そんな下らない番組!」とバカにして、いつの間にか隣に座って観ていたりするし、会社でも「昨日、誰が脱落した?」と話題になる。

目下、娘が毎週金曜日欠かさず観ているのが『Qui veut épouser mon fils ?』私の息子と結婚したいのは誰?
“なかなか相手が見つからない息子とそのお母さん”のカップルが何組か登場して、とっかえひっかえ女の子をテストするという番組だ。息子たちはタイプも外見も色々だけど、母親たちに共通するのは、息子を恋人スレスレに愛し、フィアンセ選びにもすごく干渉する点。そして息子たちも母親の意見に左右される。
つまり、彼らに相手が見つからない原因は母親にあり、が歴然だ。

ジョゼッペ39歳、高級車のセールスマン。母はリフティングにボトックスの人工的な顔。
「今夜、着ていくから必ずアイロンかけといて」とシャツやズボンを母に投げつけるマッチョな息子。
フィアンセ候補を陰でイジメル母、と出演者の中で一番嫌味なカップル。

quiveut1.jpg

アレキサンドル27歳。パソコンオタクで内気な息子に彼女を見つけようと母は躍起。
経験が薄い息子は、扇情的な女にすぐ舞い上がる。

quiveut2.jpg

アルバン30歳。IT技術者で夜はDJもやっている。
母にすっかり気に入られた女性とデートに行くが・・・

quiveut3.jpg

フロラン25歳。昼間は鉛管工、夜はストリップティーズ!

quiveut4.jpg

昨日の回では、それぞれ2人に絞り込まれたフィアンセ候補と息子が、ヴェニスやマラケシュなどロマンチックな町に婚前旅行に出かけ、それに母親もついていく。
息子は最初の24時間、候補者1と過ごし、その間、母は候補者2とショッピングや食事をしてテストする、という恐ろしい設定。
リフティング・ボトックスの母が、やはり整形の後がみえみえの候補者2に
「あなた、なんか嘘っぽいのよ。顔も全部作り直しじゃない!」と怒鳴るとこなど大爆笑であった。

他のリアリティ・テレビに比べてすごくヤラセっぽく、出演者は殆ど“タレント志願者”という噂。そう言いつつ最後まで観てしまって、あきれた顔の息子に「何もほかに観るものがなかったから・・・」と言い訳する私であった。
ところで息子が結婚とか同棲しようというとき、私はどんな母親なんだろう?

金曜夜22時25分~00時 TF1


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
コメント
初めまして、たかこさん。ドイツよりこんばんは!です。時々、たかこさんのブログを読み逃げ(笑)しています。私も昔、パリに住んでいたことがあって、フランスやパリ情報、今でも気になる所です。たかこさんのブログがリンクフリーのようだったので、私のブログにリンクさせて頂きました。今後とも宜しくお願い致します。また、遊びに来ます。
追伸*ドイツにもこの手の番組あるんですが、さすがはフランス、洗練された親子達。ドイツとは雲泥の差。(爆)
Re: Jimmy777様
写真写りがいいのかもしれないけど、母たちも息子たちも洗練されてないですよ!
だから笑えて、思わず観てしまうんですけど。

ドイツはさらに寒そうですね!また遊びに来てください。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ