ノエルのメニューは?

クリスマスは家族と、うちで祝うのが普通だけど、レストランではどんなクリスマス・メニューを出しているんだろう。
マドレーヌ広場のレストランSenderensでは、
-帆立貝のカルパッチョ
-セロリと黒トリュフのラヴィオリ
-ジビエとフォアグラのパイ仕立て
-マロングラッセのパルフェ、胡桃の蒸留酒のアイスクリーム添え
このメニュー、ワインなしで170ユーロ、それぞれの料理に合ったワインつきで230ユーロ。
つまり一家4人で食事をしたら1000ユーロだ。誰もが行ける値段ではないわね。
大衆的なレストランでは、
-フォアグラ
-生牡蠣
-シャポン(太らせるために去勢した鶏)
-ビュッシュ・ド・ノエル
のようなメニューが一般的で、ワインなしで65~80ユーロ。

chapon.jpg

夫の実家と祝う、うちのメニューもあまり変わらない:生牡蠣、フォアグラ、メインは羊。
いつもはジゴ(羊の足)のローストだけど、今年は前もって準備できるナヴァラン(リンクのページの下のほうにレシピがあります)にする。ニンジン、カブ、ジャガイモ、インゲンと野菜をたっぷり。とりわけ美味しいのが、このカブ。

Navets.jpg

Boule d’orという、訳すと赤面するような名前(金の球)だけど、ホッコリして甘みがあって白いカブより断然美味。
というわけで、目下娘をアシスタントに野菜の皮むきをしているところです。

プレゼントはというと、子供や従兄弟たちは「現金!」「僕は使っちゃうから小切手がいい」という年頃になり、夫と私は、「ソルドが始まってからにしようね」という夢のない話。
せめてツリーで夢をみよう・・・

sapin_430.jpg

どうぞよいクリスマスを!


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
コメント
遠い昔、独身の頃はパリでクリスマスディナーを食べたことがあります。お値段はるんですよね、、。子持ちの今は、無理。(爆)

たかこさんも、ご家族と一緒に素敵なクリスマスをお過ごし下さい!
Re: Jimmy777様
高いですよね。トリュフとかフォアグラをちょこっと入れて、値段を上げているんでしょうけど・・・グルメ大国フランスですが、食べ物の美味しさは日本が世界一と思います!

どうぞ楽しいクリスマス休暇をお過ごしください。
もうすぐ日本ではクリスマスは終わってしまいます。
やっぱり何故か寂しいですね^^;

息子はまだ5歳。サンタさんを信じています。

今日は一番の早起きで枕もとのプレゼントを確認していました。

フランスも枕元にプレゼントを置くのでしょうか?

このクリスマスの魔法がいつ解かれてしまうのだろうと思うと、少し切ないです。

よいクリスマスをお過ごしくださいませ^^
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ