変な人たち ザッピング

先日バスの中で。私の前に座っていたオバサンが、運転手さんに向かって「もうオデオンですか?」と叫んだ。2度叫んでも運転手さんが答えないので、「オデオンはまだですけど」と私が-親切にも-返事をしてあげた。そしたら、そのオバサン、私の顔を敵意のこもった顔で見上げ何といったと思います?
『Quelle conne !』 なんて馬鹿な女!
私のこと?自分のこと?耳を疑うとはこのことだ。
言い返そうと思ってオバサンを見ると“厚顔”を絵にしたような、つまり正しいのは世の中に自分ひとり、と思っている顔なので、無駄な労力とやめる。
オバサンはヨッコラショと席を立ち、運転手さんに同じ質問をしに行った。勝手にしろ。

またその先日。夕方、バゲットを買ってパン屋から出てきたら、突然中年の男性が寄ってきて、
「いい匂いですね」
「焼きたてだから・・・パン屋そこですよ」と私。
「いいえ、あなたのことですよ、いい匂いですね。何の香水ですか?」
「?!」
さりげないんで気づかなかったけど、このオジサンのアプローチ法だったんだ。
娘が友達の家から帰る途中、若い男に声をかけられ、ずっと後をついてきた、というので、
「絶対返事しちゃだめよ。返事したらついてくるから、完全無視しないとダメ」
なんてお説教しといて、自分が返事するなんて。娘には言えない話だ。

先日またバスの中で。かなり歳をとったおばあさんが優先席に座っていた。そこへ、同じくらい年寄りのおじいさんが乗ってきた。そしたらおばあさん、おじいさんの袖を引っ張って自分の席を譲ろうとする。
「ここにおかけなさい」
おじいさんの方が自分より年寄りと思ったんだろう。
おじいさんはさすがにムッとして「トンデモナイ!」
「私はミネラルウォーターのパックも自分で持つんですよ」
「あらまあスゴイ。私も健康のために階段を使うようにしてるんですよ」
と体力自慢が始まり、若い頃の思い出話までさかのぼっていく。周囲の空気まで和むような、いい雰囲気。
そして仲良く一緒に降りていった。
これがきっかけで・・・なんて続きを考えて楽しんでいる私だ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
コメント
これがきっかけに良い関係になると良いですね~!
Re: まり様
同感です。フランスでは老人ホームでのカップル誕生も少なくないそうですよ!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ