再び寒波、コートが命!

パリの冬は寒くて長い、その上ワタシは“超”のつく寒がりだ。ちょっと気を許して防寒しないで出かけると、身体の芯まで冷え切って、熱いお風呂に入らなきゃどうにもならん、ということになる・・・などなどの口実をもとに、コートには投資することにしている。

例えばこれ。14年前、エルメスのソルドで。50%オフで確か600ユーロ(当時はまだフラン)くらい。今じゃその倍はするだろう。
前がダブルになっているコートは絶対暖かい。何度クリーニングに出しても生地がしっかりしていて、流行にも左右されないデザイン。

hermes_20110123032744.jpg

12年前のプラダ。見とれるほど(自分じゃなくてコートに)構築的で美しいカットにひと目惚れ。
濃いグリーンでミリタリー風だけど、肩章などついていないし後ろには深いスリットで女らしい。こういうカッチリしたシルエットに私の好きな乗馬ブーツだと硬すぎるので、足首のぴったりしたブーツのほうが似合う。“長さ=暖かさ”を実感するコート。

プラダのコート

プラダのコート

Viktor&Rolfは6-7年前。私にとってこの2人組が一番魅力的だった時期。ストンとしたAラインで、大きなボタンがポイント、60年代っぽいとこが好きだ。が、ひとつ間違うと一時代前の学校の先生のような地味で野暮な雰囲気になるので、意外と難しい。襟元に思いっきり派手な色を添えるとか。
動いたときに身体の線を想像させるようなゆったりしたシルエットなので、スーツの上にも着れる。

Viktor&Rolf コート

この他にも私は好きだったのに、男たち(夫と息子)が一緒に歩かない、というので泣く泣く売ってしまったコート(黒とベージュの大きなチェック)。ソルドで衝動買いしたコートで、クリーニングに出したら形が崩れたりケバケバになっって脱落したやつとか。
でもこうやって見ると暗い色が多いですね。世の中あまり元気じゃないので、最近明るい色-オレンジとか!-が着たい気分だ。またコンサバな男たちから「一緒に歩かない」と言われたりして・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
コメント
素敵なコートですね!とってもおしゃれ!しかも。。。暖かそう!

気温はどれくらいですか?
Re: まり様
今日まで日中は6-7度でしたが、木曜日はマイナス2度になるそうです。ブルル・・・
零下になると、ヒートテックと長いコートの有り難味が骨身にしみます!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ