死後の世界を信じますか?

『ミリオンダラー・ベイビー』『グラントリノ』・・・クリント・イーストウッドはこれまでも“生きている意味”“死”が根底テーマの映画を作ってきた。今度は死んだ後、あの世のお話、『ヒアアフター』。フランス語タイトルも直訳で『Au dela』。

affiche_20110130231538.jpg

死者と交信できる能力を持つジョージ(マット・ダモン)。そのため孤独な生活を送り、自分の能力を呪っている。
マリー(セシル・ドゥ・フランス)は、東南アジアでのバカンス中津波に逢い、生と死の間を彷徨う。その体験の後、人生観がまったく変わってしまう。
いつも頼りにしていた双子の兄を事故で失くしたマーカスは路頭に迷う。これからどうやって生きていけばいいのかわからない。
サンフランシスコ、パリ、ロンドンでそれぞれ死と隣り合う3人が、ある日出遭う。

・・・とまぁ、こういうお話で、一見感動的だけど、霊媒を信じない私は「封切りと同時に絶対観たい」わけではなかった。
結局観たけど、マット・ダモンの霊媒能力-つまり信じられないものが主軸になっているので、イマイチ入り込めない。
ミリオンダラーやグラントリノのガーンという衝撃はなかった。

一人残された双子のかたわれ、マーカス。本物の双子が演じている。
Marcus.jpg

津波の特写は迫力。太ももあらわに逃げるフランスのセシル!

tunami.jpg

「3つの話が平行して描かれているのでメッセージがぼける感じ」
「双子の兄に死なれたマーカスの話は感動的だけどね」
「セシル・ドゥ・フランスの話が余計かも。好きな女優だけど」
などが映画館を出て夫と交わした感想。

ところが数時間後。小さいときに亡くなった父親が私に何を言いたかったか(何も言いたくなかったかもしれないけど)すごく知りたいことに気づいた。父は若かったので癌の進行が早く、もう望みがないことなど子供には言わないから、気がついたらお葬式になっていた。
何の説明もなく、別れの言葉もなくいなくなった父を、心の底では恨んでいたのだ。
イカサマじゃない、マット・ダモンのようにかっこいい霊媒がいたら聞いてみたいもんだ、なんて思いだして・・・結局、この映画、良かったってこと?
私は死後の世界を信じているグループに入るようだ。

『Au-dela』
監督:クリント・イーストウッド
出演:マット・ダモン、セシル・ドゥ・フランス
フランスで公開中。
日本では『ヒアアフター』2月19日から。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
コメント
信じてますよ~!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ