過ぎてしまってからナンですが、バレンタインデー。
日本のように女性が男性に愛を打ち明ける日ではないが、恋人たちのお祝い日として定着してきた。
2月14日の夕刻は花屋に行列(殆ど男性!)。キャンドルを灯して2人だけの夕食のために、冷凍食品のPicardは、ハート型のアペリティフや、ポム・ダムール(愛のリンゴ)というこんなデザートを限定販売。

Croustillants_pommes.jpg

その他のメーカーでもバレンタインデー用のコフレや特別パッケージを売り出した(まったく色気のないデパートBHVの地下-日曜大工売り場-にまで、ハート型のキーフォルダー2個セットなんかが無造作に置かれていた)。
フランスではこんなのが売れたらしい。
ベッドで朝食用のテーブル。
41Zx73hIY3L__SL500_AA300_.jpg

バレンタインデーに何が欲しい?というアンケートで、「キス」「一緒に目覚めてベッドで朝ごはん」という希望が多い。お金がかからなくていいけどね。

あなたに代わって愛の告白をしてくれるネズミ。
ネズミに頼まなければ告白できないような内気なフランス人・・・いるんでしょうね。

51du7LG9kXL__SL500_AA300_.jpg

お花は枯れてしまうから、花瓶。最近、活け花っぽいこんなデザインがウケている。
フランス人に言わせると“禅的”なんだそう。

41wx2KUw9JL__SL500_AA300_.jpg

香りキャンドル、お部屋の芳香剤を詰め合わせたコフレ。こういうプレタのパッケージになると、愛も安っぽくなってしまう気がするけど。本当に売れたのかね?

51QYng7IbKL__SL500_AA300_.jpg

ところでフランス中部、アンドル地方にはSaint Valentinという村があり、公園は“恋人たちの庭”、村のレストランは“2月14日に”と名づけ、バレンタイングッズのブティックもあり、 村興しに大活用している。
こんな田舎までわざわざ出かけていく恋人たちがいるんだろうか。
ここの郵便局は、全国への結婚通知をハートとSaint Valentinの消印つきで送ってくれるというサービスをしている。発送希望の日を記して、事前にここに送りつければいいそうだ。このサービスは大人気、というのは村長さんの言葉ですが。
バレンタイン村の公式サイトはこちら。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ