続・ナント一家5人殺害事件

“重要参考人”グザヴィエ・デュポン ドゥ リゴネスは15日以来行方がわからない。シェンゲン協定の国々に出ていた捜索願いは“全世界”に広げられた。
最後に南仏で見かれられたときは、ブロンドの女性が一緒だったとか。15日から行方不明になっている女性は、犠牲者より共犯者の色合いが濃くなってきた(と、犯罪小説のような口調になる私)。

操作の要のもうひとつは、一家がいつ殺害されたかということ。
近所のオバサンが、母親と7日に話したと言っているが、次男トマの友達の新しい証言がある。

グザヴィエと妻アニエス、4人の子供。左下がトマ
xavier.jpg
photo:AFP
トマは5日、アンジェに住むその友達の家に泊まりがけで遊びにきていた。音楽を聴いたり、パソコンゲームをしたりと、「トマはいつもと全然変わりなかった」
晩に父親から電話があり、「お母さんが自転車から落ちて怪我をした。大したことはないけど帰ってきて欲しい」
息子は遅い電車でナントに戻る。
翌日友達がSMSで様子を聞いたら、「僕は病気だ。戻れない」という返事。
その翌日のSMSにも「行けない。死ぬほど病気だ」という返事が返ってきた。
「トマは今まであんな短いSMS を送ってきたことはなかったし、ピリオドは絶対打たなかった。あれは彼の文章じゃない」と友達。父親が代わりに返事をした、ということ・・・?想像するのも恐ろしい。

一方、グザヴィエを見かけたという通報は殺到していて、それを一々信じていたら、警察も身が持たない。でもアンティーヴのパン屋から通報があったときは、信憑性ありと2人の警察官が飛んでいった。身分証明書を確認したら、グザヴィエ(50歳)より15歳も若い、ただのそっくりさんであった。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです
スポンサーサイト
コメント
いつもブログ楽しみにしてます!!怖いですね

というか、あまりにもシュール過ぎて映画や小説のようです…早く逮捕されることを祈ります。
Re: ローラ様
数年後にだれかが映画化しそうな怖い事件です。

これだけ探して見つからないので、父親も自殺しているのではと言われますが、果たしてどうなんでしょう・・・
いつも読んでいて気になっていたのですが、
こういう写真ってどこからもってきているのでしょうか?
著作権とか大丈夫なのかなと思いました。

もってくる方法を教えてください。
Re: タイトルなし
AFPが流して複数の媒体で使われているもので「無断掲載禁止」のような表記がないものを、サイトから取っていますが、調べてみます。
ご指摘、ありがとうございます。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ