30代のマリオンとセドリック、50代のリリアンヌとジョゼ、70代のユゲットとレイモン・・・毎日の夫婦喧嘩を3カップルを通して見せるTVシリーズ『Scènes de ménage』(夫婦喧嘩)が人気。
ひとつの“喧嘩”は5分足らずで、必ず各カップルの家の中で繰り広げられる。

例えばマリオン(30代)が洗濯物をたたんでいる手を止め、
「セドリック!ちょっとこっちに来て!」
キンキンした声に、何かまずいことがバレたかと、おっかなびっくりやってくるセドリック。
「あなたのパンツ5枚しかないわよ!」
「・・・今、はいてるの入れて6枚だろ」
「でも1週間は7日でしょ!」
パンツを外に忘れてきた?セドリックはますますヤバイという顔になる。
「つまり、1日替えてないってことじゃない!フケツ!」

scenes-de-menages-2-08.jpg

または、レイモン(70代)がソファに寝転がって(一日の大半寝転がっている)ポルノ雑誌をめくり、タバコを吸い(いつもは吸わない)、その脇には空の缶ビールが並んでいる。
台所からやってきたユゲット、
「まあナンです、その格好!不良ジジイの真似ですか?」
「いや何、寡になったときのリハーサルさ」

scenes-de-menages-2-23.jpg

そして50代カップル、リリアンヌ&ジョゼ
scenes-de-menages-2-15.jpg
写真:M6

チャンネルはM6、夜8時から30分の放映で、平均300万人、視聴率13-14%。
人気の秘密は、年代の違うカップルのどれかに「あ、うちと同じ!」と共感できる点。
それとひとりひとりのキャラがしっかり出ていて、喧嘩に信憑性があるとこかな。
70代のカップル、夫のほうは「まだ人生終わりじゃない、もう一花咲かせたい」雰囲気で、妻に対してイジワル爺さんだ。一方妻は、口先では文句を言いながらも、夫の悪あがきを受けとめる包容力。

不思議なのは中学生の娘が一番ファンで欠かさず観ていること。
「アンタの年頃って、結婚に夢があるんじゃないの?こんなの観て失望しないの?」
と聞くと、「別に・・・」
ま、うちのカップルもけっこう口喧嘩するほうだから、鍛えられているのかも。
この番組、スペインの人気番組のコンセプトを買い、自由に脚色したもの。スペインのエピソードはもっと夢も希望もない喧嘩だとか。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ