高校生日記1:Face Book被害

そう、娘は高校生になった。授業中、絵ばかり描いていて先生に怒られていた彼女は、念願の美術大学の付属高校に入って狂喜している。
新しい友達もできて、中学時代の友達ともしょっちゅう行き来しているので、社交的にも多忙そうである。
彼らのコミュニケーションはもっぱらFace Book。電話かけたほうが早いのに、と思うときも、すぐパソコンに飛んでいく。

profil-facebook-piratage.jpg


「これがアンナ、中国人のハーフですごく綺麗な子」と、新しい友達も、Face Bookのページで紹介してくれる。
誰が撮ったのか、どの女の子もモデルのようにポーズして、中には胸の谷間をしっかり見せてるのもあって、オジサンが喜びそうだ。
「アンタもこんな写真載せてるわけ?」
「まさか!」
娘の写真を見ると、どうやら3枚目の線を狙っているようだけど、全部見せてくれているとは限らないものね。

さて、週末に友達の誕生日フェットによばれたと興奮していた。
郊外の一軒家に住んでる子で、何十人もよぶそうで、何を着ていくとか、食べ物のカンパが一人いくら、とかメッセージが飛び交っている。
フェットは大人並みに9時からなので、娘は友達の家に寄って“メイクの仕上げをし”一緒に行く、と出かけて行った。夜は遅くなるので泊めてもらうことになっている。

さて翌日、昼ごろ帰ってきた娘に「どうだった?」と聞くと、意外や意外、「サイテー」という答え。
「友達の友達も連れてきていいんで、集まったのは100人くらい(!!)。最初は良かったんだけど、11時頃、見たこともない高校生男子が50人くらいやってきて我が物顔で飲み食い始めたの・・・」
「Face Bookに書いたりするからだよ」といつの間にか妹の話を聞いていた息子。
「ほんと?」
「うん、○○高校の女の子が何十人来るとか、食べ物の写真とか・・・」
それで収拾がつかなくなり、「寛容な母親」を演じていた母親がキレて「全員、帰れー!」と叫び、夜中の12時に15歳になるかならない子供たちが道に放り出された。
「ええー!」
そんなことと知っていたら、能天気に映画なんか観ていられなかった。
幸い、友達の一人がすぐ近くに住んでいて、じゃあうちに泊めてあげる(素晴らしい友達である)と言いだし、そこで寝たんだと。

“見たこともない男子集団”は、その中の誰かがFace Bookのページを見て、後は口コミで伝わったらしい。
アンケート調査とかするときに100人集めるのに苦労しているというのに、大した宣伝力だ・・・と感心している場合じゃないけど、Face Bookは用心して使わないと怖いということ。気をつけてよ!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ