日曜日の11時からラジオ(France Inter)で『On va déguster』(試食しましょう)というグルメ番組があって、今朝は日本特集だったので、朝市に行かないと食べる物がない!とわかりつつズルズルと聞いていた。
パリに高級日本食材店とレストラン3件を持つ黒田俊郎氏と、オーガニック弁当のレストラン経営、日本食レシピの著書もある遠藤かおり氏がゲスト。
「世界中で日本人だけが生命の危険を冒して食す、膨れる魚」(フグ)に始まり、世界的流行の寿司の話。日本人は毎日のように寿司を食べていると思っている人が多いけど、決してメジャーな食べ物ではないこと、“寿司職人”と名乗れるまで10年くらい経験が必要なこと・・・パリのおすし屋の80%以上が中国人経営で、見よう見まねで寿司を作っているのを考えると恐ろしい。そういう“寿司”を食べたあと救急車で運ばれた友人がいた。その後、彼は私に会うたびに「苦い記憶が蘇る」という顔をするのでいい迷惑だ。

パリの典型的お寿司の例、これで12ユーロくらいする。サーモンがメイン。
パリは札幌と緯度が一緒の北の街なのだ。
Sushi_bento.jpg

「改良すべきフランス人の日本食マナー一覧」も紹介された。
1. ご飯茶碗にお箸を突き立てる(お仏壇じゃない!)
2. ナイフとフォークでお寿司を食べる(すごく不味そうに見える)
3. ご飯に醤油をぶっかける(かなり多い。これに着目したパリの日本食品店KIOKOは“飯ダレ”という甘辛タレを発明した。けっこう売れているそうだ)
4. お寿司のご飯側を醤油につける(これも非常に多い。勢いご飯がくずれ醤油の中に落ち、真っ黒に醤油づけになったご飯を食べるはめに。「寿司=健康食」と思い込んでいるフランス人、塩分の取りすぎは良くないって知ってた?)

「これでご飯8杯食べられる」とかいうキャッチコピー。目下品切れ。
めしだれ400

かと思うと、私が“講師”として参加している日本料理教室では、ギョッとするくらい日本食通のフランス人がやってくる。「上手く炊けたご飯は米粒が立つんですよね」(私がお鍋で炊いたご飯は一粒も立ってない!)とか、味醂は甘みや照りをつけるもの、と説明していると「それは日本最古のお酒で・・・」とか、一瞬こっちが固まるようなシーンがある。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Re: ビジネスマナー様
ありがとうございます!
どうぞまた来てください。
先日、何年ぶりか、カウンターでお寿司を食べました。50年握り続けている人のお寿司は本物のお味。日本にも、本当のお寿司を握れる人は、わずかしかいないですね。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ