映画館を出たとき、一緒に観た友人の第一声。スティーヴン・ソダーバーグの「コンテイジョン/Contagion」、 触れただけで感染してしまう伝染病が地球を駆け巡る話だ。
香港から帰った女性(グウィニス・パルトロー)は激しい頭痛、喉の痛みや咳に悩まされ、あっけなく死んでしまう。同じような症状がロンドンでも、東京でも・・・
一日中、どこかに触り続け、その手で顔や身体に触れ、握手し、キスする私たちの生活で、感染しないほうが難しい。
ウイルス伝播の恐ろしい速さと競争して食い止めようとするアメリカ政府、医師、細菌学者にブロガー。
演じるのはケイト・ウィンスレット、マリオン・コティアール、ローレンス・フィッシュバーン、マット・デイモン、ジュード・ロー・・・の超豪華な顔ぶれだ。大スターばかりなので真実味がないかと思ったら、意外とそうではなくドキュメンタリー映画のような印象。大スターたちに公平な重みを与えようとしたため主軸のない平坦な作りになってしまったのか、あるいは監督の意図なのか。
ソダーバーグだから多分、後者だろうが。

でもポスターも均等な配分でみなさん登場
コンテイジョン

感染者はこの部屋に住んでいたのね、フムフム
コンテイジョン2

「政府が真実を隠している」と訴え続けるブロガー、ジュード・ロウ
コンテイジョン3

スーパーや店が略奪されるシーンや、マスクや手袋で防衛していても感染してしまうとこなどかなり真実味がある。
ポップコーンのバケツを抱えていた私の隣の観客は、映画始まってすぐ食べるのをやめ、最後まで手をつけなかった。

ソダーバーグ作品で、『オーシャンズ11~13』(各1億ドル)に次ぐ6800万ドルという制作費。今のところ興行成績は制作費を上回っていないとか。制作費(4800万ドル)の4倍を回収した『トラフィック』(2001年)には程遠い。

でも、こういう伝染病が発生したら、きっとこういう展開になるに違いない。そして、映画を観てフランス人がもっと頻繁に手を洗うようになればいいと。

Contagion
スティーヴン・ソダーバーグ監督作品
1時間46分
公開中

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ