ここ数年、2音節の名前が男女とも人気。これは“縮められないように”の配慮。一時流行った2つの名前のコンビ、Anne-Sophie、Jean-Gabrielなどはアンヌソー、ジャンガブと縮められ、美しくないと。英語の名前も多くなった。
以下のトップ10は統計によって微妙に順位が違うけど、メンツはほぼ同じ。

bebe.jpg

女の子の名前トップ10
1. Emma(エマ:5年連続1位!)
2. Jade(ジャド=翡翠ちゃん)
3. Léa(レア)
4. Chloé(クロエ)
5. Manon(マノン)
6. Inès(イネス)
7. Camille(カミーユ:元は男女兼用の名前だが最近は女の子ばかり)
8. Sarah(サラ)
9. Zoé(ゾエ:日本人の耳には美しくない響きだけどね)
10. Lola(ローラ)

このあと20位以内にLilou(リルー) Louise(ルイーズ) Lena(レナ)などLで始まる名前が流行り。
3位のLea(レア)は2つの意味を持つ:ヘブライ語では“疲れた女”という意味。創世記に出てくるヤコブの妻レアはいつも泣いてばかりいたので“疲れた眼”をしていたとか。
「レアは暗闇という意味よ」と教えてくれた友達がいたけど、泣きすぎて何も見えなくなるほど目が腫れたってことだろうか。あまり子供につけたい名前ではない。
古代ローマではレオの女性形で、雌ライオンの意味。こっちの意味でつけている人が多いはずだ。英語圏で広まりフランスでは90年代から現れた名前。

男の子の名前トップ10
1. Nathan(ナタン)
2. Noa, Noah(ノア)
3. Lucas(リュカ)
4. Mathis(マチス)
5. Léo(レオ)
6. Théo(テオ)
7. Jules(ジュール:フランス語のジュリアス、シーザーは急上昇でトップ10入り)
8. Arthur(アルチュール)
9. Enzo(エンゾ、円蔵?)
10. Clement(クレモン)

7位のジュールと同じく古典的な名前ガブリエルも急上昇。
名前の流行は20年サイクルと言われるが、カムバックしない名前にアランがある。団塊世代から上(アラン・ドロンは76歳)。通りで夫(アラン!)を呼ぶと、振り返るのはおじ(い)さんばかりだ。

一昔前は聖人の名前の中から選ぶのが通常で、今も聖人の祝日が記されているカレンダーがある。特に海外領土の人たちはそれを見て赤ちゃんの名前を決めるそうだ。7月14日は聖人の名前の変わりに、Fête Nationale(国の祝日=革命記念日)と記されている。スペースの都合か“Fête Nat”と書かれたカレンダーがあり、親が聖人名と間違えて、フェトナちゃんという子供がいるとか。冗談のような・・・やっぱり冗談でしょうね。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
はじめまして
はじめまして。いつも楽しく拝見しています。パリは大好きな街で何度か訪れていますが、長谷川さんのブログを知ってから初めて、来年1月にパリへ参ります。今までとはまた違った視点で楽しむことができそうです。これからも楽しみにしています。ところで、いつ見ても雨マークが並んでいますが、本当に毎日降っているのですか?
Re: 松田さま
コメントいただいてから年が変わりました。おめでとうございます。
気温は低くないけど、ほんとに雨が多いです。
天気予報は今週から気温が下がって晴れ間が出るといっていますけど。
どうぞ楽しいご滞在を。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ