猫の医療費

若くて美しい雄猫がやってきたのを受け入れられず、円形脱毛症になった先着雌猫の話をご記憶の方はご記憶と思う。
2年来、雌猫アナイスのストレスな毎日はあまり変わっていない。獣医さんが、コーチゾンの注射をして精神安定剤(人間のと同じ形!)を出し、少し毛が生えてきたと喜ぶのも束の間、また禿げだすの繰り返し。

コーチゾンの注射は効き目が1ヶ月も続かない上、もともと神経質なアナイスはキャッツフードに巧みに混ぜた精神安定剤の匂いを嗅ぎ取って食べてくれない。結局、薬なんか全然必要ない雄猫タマが食べて、さらに安定している。

食っちゃ寝、食っちゃ寝の美しい人生
tamajeune_430.jpg


最近、円形脱毛症が深刻化した可愛そうなアナイス、また獣医さんのとこに連れて行くことになった。

anais_plaque.jpg

猫運搬用の籠は、見るだけでどこかに連れて行かれると察知し逃げ出すので、毎回、寝ているところを捕らえ、ダンボールに入れガムテームで止めるという野蛮な方法を用いる。
ダンボールを抱えて歩いていると、中でもがく音がしたり、「フギャ」などの声が聞こえるので通行人が怖がる。
「中は猫です」「ただの猫なんです」と言いながら歩かなければならない。

獣医さんはアナイスの脱毛症を見て、「ふーむ、これは・・・」
そう、昔はうちに来た人が揃って「わー綺麗な猫」という美貌の黒猫だったのにね。
注射を2本、精神安定剤1箱。なかなか食べてくれないというと、薬を包み込む特製パテを薦められる。
「さらに猫が寝る部屋にフェロモンを散布すると鎮静効果があるんですよ」と獣医さん。
フェロモンって、発情を誘発させるあのフェロモン?
「でも2匹とも去勢してるんですけど」
「いやいや、フェロモンといっても色々種類があって、これは精神を安定させるフェロモンです」
フェロモン散布器は蚊取りマットに似ていて、電気の差込口に取り付ける。
「猫が寝るのは大抵私の脚の上なんですけど、そのフェロモンを私が吸って(発情したりする!)危険は?」
と尋ねると、獣医さんはケタケタ笑って、
「動物のフェロモンは動物しか反応しないので安心してください」
会計を待ちつつ、待合室の見回したら、
「猫のリラックスマッサージ30分25ユーロ」の貼紙が。
そこまではしないまでも、獣医さんに言われるまま、パテ、フェロモン散布器を買い+注射2本で160ユーロ!
暴利貪ってない?と思いつつ、アナイスにも快適な人生を送って欲しいし、タマはすっかり家族の一員になっていて別れるわけにはいかない。猫好きの板ばさみ・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
猫の運搬?
ダンボールに?
洗濯ネットを使ったら、、、すごく楽ですよ♪
ネットに入ったら、動かなくなりますから。
それをバッグに入れて、運びます。

ひょっとして、、、フランスには、洗濯ネットは、、、?
お大事に
アナイスちゃんの脱毛症は心配ですね・・・
我が家の猫も東京の1ルーム暮らしから、実家へ引っ越し後、直径3㎝程の円形脱毛が3個できました。
その後、多少小さくなりましたが、そのままです。
人間の脱毛も、患部へステロイド(コーチゾン)注射ですから、猫も同じ治療なのですね。
アナイスちゃん、どうぞお大事に。
Re: 猫の運搬?
dcvs.227様

アドバイス、ありがとうございます。
その”ひょっとして・・・”で、洗濯ネットは下着用のごく小さいのしか見たことがありません。
第一、うちの猫は大人しく入るでしょうか?
Re: お大事に
パンダママ様

ご心配ありがとうございます。
神経過敏な猫は環境の変化でもなるんですね。
人間のように、自分の姿を見て落ち込まないのが不幸中の幸い。
おたくの猫ちゃんもお大事に。
洗濯ネット
初めて猫を飼って、初めての病院、、、まだ6ヶ月だったので、直接バッグに入れて行きましたが、、、

「次からは、洗濯ネットに入れて連れてきてください。犬と違って、猫は逃げたら捕まえられないので、、、」と言われました。

じっとしている時に、何食わぬ顔をして、サーっと被せます。
逃げても、捕まえてペットケースに押し込むより、ずっと楽です。
ネットに入ったら、おとなしくなります。

もちろん、猫より余裕のある大きさのねネットで。

日本では、大・中・小、、、と、いろいろサイズがありますが、、、
お大事に
体を引っ掻いたり舐めたりするのが、
良くないのかもしれませんね。
エリザベスカラーを首に巻いてみたらいかがですか?

パリで野良猫見れることを楽しみの一つに
渡仏しましたが、まったく見かけませんね。
Re: ジョンパパ様
ありがとうございます。
その通りで、猫にとって毛を舐めるのは癒し効果があり、精神不安定だと舐め過ぎて毛が抜けるんだそうです。
エリザベスカラーも試しましたが(下記リンク)あらゆるものにぶつかって可愛そうでした。
http://frenchcodeblog01.blog107.fc2.com/blog-entry-396.html
はじめまして。
ほとんど一年も前の記事なので、解決されたかもしれませんが、家も猫2匹飼いで、後から来た子が、過剰グルーミングです。

獣医さんによると、やはり先住猫との相性とのこと。「ただ無理にグルーミングをやめさせて、それがまたストレスになって、腫瘍をこしらえるよりはいい」と言われました。私もそう思いました。

フェリウェイ(フェロモンのお薬)はしばらく使いましたが、じき効果がなくなり、精神安定剤や強いお薬は、人と同じでやっぱりぶり返すのではないかな、と思って使いたくなかったので、主治医と相談した結果、今はzylkeneを使っています。alpha-casozépineと言われる、牛乳のプロテインが主成分です。副作用もないそうです。獣医さんでも購入可能ですし、ネットなら、少しお得に購入できます。家の子もまだ全回復はしていませんが、グルーミングの回数が減っています。

パリ12区の、通常診療の他、ホメオパシー・フィトテラピー、鍼、食物療法等もしてくれるクリニックに行っています。
女性の先生お2人でされていて、とても親身です。お1人が、食物療法と行動学が専門で、もうお1人が、ホメオパシー、鍼の治療をされます。

アナイスちゃん、居心地よく暮らせるようになりますように☆


Re: samedimatin様
素敵なペンネームですね。
アドバイスありがとうございます。実は全然解決していません。なめ続けるんで(グルーミングっていうんですね)部分的にはげています。
コーチゾンの注射は副作用があるというので、アトピカ/Atopicaという飲み薬に変えたんですけど、まずいらしく(試してませんが!)食べ物に混ぜてもなかなか食べてくれません。結局、何の問題もない後着ネコが全部食べたりして・・・
zylkeneは飲み薬ですか?試してみます。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ