「これ、きっとママンが好きだよ」と娘が聴かせてくれた歌。彼女は暇さえあればFace book とYoutubeなので、よく新しいヴィデオクリップを見つけてくる。
Anisの『Jose/ジョセ』。夏の空気を思わせる陽気でレトロなメロディ・・・好き好き!



でも歌詞をよく聞いたら、
「人生は美しく、街は無慈悲だ・・・
目は開いたまま凍りついた微笑みを浮かべ、
君がベッドで死んでいるのを見つけたとき、
彼らはそう思った。
死んじゃった・・・
君と付き合えてよかったよ」
なんと、急死した友達へ別れの歌なんだ。
こんな陽気なメロディで送り出されるのも悪くない。

歌っているのはAnisは聞いたことのない歌手、顔を見る限り北アフリカ系だ。
ネットで調べたら「フランス人歌手。母はロシア人、父モロッコ人・・・」
はぁそうですか、とページを閉じようとして、これを日本人に置き換えて、
「母は中国人、父フランス人で子供は日本人」というのはありえるんだろうか?・・・なさそうですね。

これは出生地主義(droit du sol)と血統主義(droit du sang)の違いということを知った。
出生地主義を採用しているのはUSAとカナダだけで、フランスは血統主義とのいわば中間主義。親のどちらかがフランス人か、フランスで生まれた外国人ならその子にフランス国籍が与えられる。
日本は血統主義なので、歌手のアニスが日本で生まれていたらロシアかモロッコ国籍になり、日本国籍はあり得ない。
娘のYoutube、たまには勉強になることもある。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
いい曲ですね。
そして国籍の話ですが、日本ではやはり中々無いですよね。
今若い子の間で水原希子さんというモデルが人気ありますが、彼女は父がアメリカ人、母は韓国人らしいです。前にその事を彼女がテレビで話していた時、司会者から「なぜ日本にいるのか」と驚かれていました。やはり日本では珍しいことなのですね。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ