別れるべき男を見分ける法

《あなたの彼にこういう“症状”があれば別れるのが懸命》という記事があった。
①恋に恋する永遠の10代
これまでで一番長く続いた関係が1年、と聞いて「今まで本当の出会いがなかったのよ。私と知り合えてよかったわね」などと思ってはいけない。次々に目移りしてパートナーを代えているガキだってこと。

②相手が好きなことに関心を持たない
会話のタネは自分の興味があることばかりで、彼女の興味に無関心。自分の世界の中だけで生きている、つまりオタク。自分のことを3人称で話し始めたら重症なので、すぐに逃げ出すこと。

③約束を守らない
デートの約束の日。夕方になって「仕事でどうしても抜けられない。ごめん、後で電話する」とSMS。そんなに重要な仕事、担当してたっけ。その次のデートは「ごめん、今夜、母親の誕生日なの忘れてた」遅くまで残業したり、母親とのディナーに退屈していると同情してはダメ。ほかの女性と一緒に決まっている。

④何より仕事が大切
自分の仕事が会社にとっていかに大切か、とか給料の額の話ばっかりで、同僚を部下よばわりする。こういう男の頭の中に彼女のいる場所はない。

⑤責任逃れする
最初のランデヴーでは優しくて気を遣ってくれたけど、「僕は君に相応しくない」とか「君のことがよくわからなくて悩んでいる」とか言い出す。止めたいなら人のせいにしないではっきり言ったら!

フランス人で多いのは③かな。友人で同じ日に2人の彼女と一緒にバカンスに出かける約束をしたヤツがいた。当日困って、両親のうちに隠れていた。⑤も始末に悪い。“自分で言い出したら相手を傷つける”と、優しさを履き違えている。

ところで『こういう男には気をつけろ』という特集にはよく出会うけど、逆バージョン(『こういう女は危険』)はあまりお目にかからない。なんか不公平・・・男性雑誌を見ればあるんだろうか?


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ