15年前、娘は春と一緒にやってきた。
パリのサロン・ド・リーヴルで 『漫画展』があり、谷口ジローさんと(今は亡き)メビウスの討論会や、日本の雑誌に掲載された漫画家たちのインタビューに、大きなお腹で参加した。その1週間後に生まれた。“突然産気づいたときのために”と初めて携帯を買ったのも15年前。

地上階の我が家に陽が差し込み出し、夏時間に変わる頃になると娘の誕生日だ。
「うちでする?レストランに行きたい?」と聞くと、
「ショートケーキが食べたい」
ギョッ。

息子がアルバイトをしていた日本食品店にクリスマスに突然ショートケーキが現れた。それを食べて以来、時々うわごとのように“ショートケーキ”と言ってたっけ。パティスリー大国のくせに、フランスにあのケーキはない。一見「Fraisier/フレジエ」が似ているけどバタークリームで、生地にアーモンドペーストを使っていて、私にとっては別人だ。

ネットで探すとミュエットにYamazakiのサロン・ド・テにShort Cakeがあるとか。この名前「どこが短い(Short)んだろう?」と長年疑問に思っていたが、Shortには「サクサクした」という意味もあり、元祖アメリカのショートケイクはビスケット地を使ってサクサクしているのでこの名前がついたとか。周知のことかもしれないけど知らなかった。
さてYamazakiさんに電話すると、丸型ケーキを注文できるという。スバラシイ。
実は去年もショートケーキを食べたがっていたを、当日の夕方になって思い出し、探して買いに行く暇はない、息子と2人で「作ろう!」ということになった。
「でもママンはお菓子全然作れないじゃない」
「あれはスポンジとホイップクリームと苺があれば誰だって(?)できるのよ」
そこで巨大なブリオシュ、苺、スプレー式ホイップクリームを買い求め、ケーキを“作る”というより“構築”に取り掛かる。積み重ねているうちにうず高くなり、支えていないと倒れるケーキになった。

切っているうちに無残な姿に・・・
shortcake3_430.jpg

味は似てはいるけどあのフワフワ感がなく、スポンジが見るからに多すぎた。でも娘は喜んで、私たちの努力は報いられたのだ。
さて夕方、パリを横切って遥々ミュエットまで行った。超ブルジョア地区であるこのあたりは私の守備範囲ではなく、なんか別の惑星に降り立った気分になる。Yamazakiはメトロのすぐそば、地元の人のサロン・ド・テという感じで風景に溶け込んでいる。
ラッシュのメトロでケーキがつぶれたりしないよう細心の注意を払いつつ、うちにたどり着いた。

夕食には牛肉のタタキサラダを作り、お寿司を取り(といっても出前はないので夫が運んできた)、
そして問題のケーキ。
shortcake2_430_20120402193818.jpg

どうしたらこんなに滑らかな表面になるわけ?プロとアマチュアは違うとは言え、違いすぎる。
もちろん味も。この圧倒的軽さ、ほのかな甘さが日本のショートケーキだ。
娘は大喜びで、甘いものが苦手な私がぺろりと食べた。
でも息子と悪戦苦闘した去年の“ショートケーキ風”も悪くはなかったな、と。もう2度と作らないだろうけど。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
ハッピーバースデー♡
娘さんの15歳のお誕生日、おめでとうございます。
楽しい1年になりますように。☆

YAMAZAKIのサロン・ド・テ、時々、ショートケーキを食べに行っています。
日本のケーキは、甘さ控えめで、懐かしい味に感じます。

我が家の15歳は、今年から日本で高校生活を送ることになりました。

子供の成長は、早いですね。

Re: ミカリュス・ブルガリス様
ありがとうございます!
日本で高校生・・・それだけ日本語できるのはスゴイ!羨ましいです。
子供はほんとに早く大きくなりますね。

ヤマザキ、ちょっと遠いですけどショートケーキの引力でまた行きそうです。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ