ソルド先駆けゾクゾク

コレットは例年通り、堂々と先駆けて6月18日から50%オフ。
コレットで買うものなんて雑誌くらいだけど、それでも「ちょっと見るだけ」と寄ってしまう、このビョーキ、いつ治るんだろうか。

photo-001.jpg

ソルド開始3日目で、大きいサイズしか残っていない。コム・デ・ギャルソンのただのチェックのシャツが275ユーロ、マーク・ジェイコブスの普通っぽいワンピースが470ユーロ・・・これが半値のお値段。

店内にはヒール15cmのサボを履いて(もちろん、全然似合っていない)手すりに捕まらないと階段を下りれない太ったオバサンとか、やっぱりすごく高いヒールのサンダルで、サイズを選び間違ったのか、足の3分の1が外にはみ出している女の子とか。黒いブラとパンティに、お尻がやっと隠れる丈のオレンジのノースリーブのブラウスを羽織ったのは中国人の女の子。白人がこういう格好すると「ここはビーチか?!」という健康的イメージになるけど、東洋人がやるとナントも隠微な雰囲気になる。注目を浴びていた。とにかくそういうファッション。ヴィクティムと呼ばれる人が一杯いた。

奥にアライアの秋・冬コレクションが並んでいて、相変わらず見とれるフォルム。でも試着すると、胸やお腹が締め付けられて、これを着たら何も食べられない!という拷問服ばかり。お値段もお値段だし、誰が着るんでしょうね・・・余談ですが。

コレットだけじゃなく、不況のせいであちこちが先駆けしている。顧客対象のプライベート・セールと称しているけど、誰が行っても値下げしてくれたり。政府にしても、お店やメーカーが潰れて失業者を出されると困るから、ルール違反には積極的に目を瞑る。
オテル・ド・ヴィルのデパートBHVは、BHVのカードを持っている人に限り1週間前からソルドを始めた。20%~50%までソルドと同じオフ率だ。日曜大工好きのオジサンが愛用するこのデパートはけっこう穴場。Kooples、 Comtoir des Cottoniers、Majeなどのブランドの人気商品が残っていることが多い。
本番は27日朝8時スタート、また産業相が白々しくテープカットなんかするんだろうな。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ