モンテーニュ通り。前にここを通ったのは2年前・・・いやもっと前かも。ブランドの紙袋を4つくらい提げていないと“透明人間”のように感じる道だ。

ここに集まるブランドの多くはソルドをしないので比較的静か。ロエヴェとボッテガ・ベネタを覗いたけど、やっぱり透明人間で、おかげで心置きなく見たり触ったりできた。
通りの大きな変化といえば“8割が中国人”。家族連れが多い。退屈しきった顔の子供たちをよそに、母親が買い狂っている、という光景。店員3人くらいがその母親にかかりっきりになっていた。

陽気で楽しげなプラザ・アテネ。ここのロビーでお客ウォッチングするのは面白い。
CIMG2715-001.jpg

他の地区と同じくモンテーニュ通りにもジプシーの物乞いが立っているが、この通りで動くお金の額に比例してケタが違う。他の地区では『ユヌ・ピエス(硬貨1枚) シルヴプレ』がいきなり20ユーロに跳ね上がっている。その上、旅行者が多い場所なので、バイリンガルの物乞いが選出されていて、けっこう滑らかな英語で話しかけてくる。中国語を話すジプシーが登場する日も遠くないのでは。

その時、「アッタンデー(=Attendez)!待ったんかー!」という叫び声とともに、中年マダムが、今にも走り出そうとするバスに向かって突進してきた。見るとそのマダムは15cmくらいのピンヒールの靴で全力疾走、バスに追いついて飛び乗った。お見事!ルブータンのハイヒールは、このように履きなれていないとアヒルのような歩き方になってしまう。通称“成金通り”にも、ちゃんと履きこなしたマダムがいるんだ。

メトロに乗ってサン・ポールで降りたら、普通のソルド風景が繰り広げられていてホッとする。お店に入れば「ボンジュール」と言われ、透明ではないのを実感できる。

CIMG2719-001.jpg

さてさて。不況と寒い初夏が幸いして、のっけから50%オフが軒並みだ。この夏はオレンジ、濃いピンク、鮮やかグリーン、ブルーなど綺麗な色が続出している。みんなが着ているオレンジははずして、日本人の黒い髪とマット肌に似合うレモンイエローやブルーが狙い目であろう。ボン・ソルド!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ