FC2ブログ

セシリアの告白

ELLE

離婚する、という噂が飛び交って2週間。大統領官邸のスポークスマンは「マスコミの(くだらない)噂にいちいち答えていられない」と一切コメントしなかったけど、やっぱり噂ではなかった。
18日(木曜日)に公にされた「協議離婚成立」はニュースのトップになり、国鉄が気合を入れていた大規模ストがかすんじゃったほど。
「現職大統領の離婚は初めて」だけれど、ミッテランが当選したとき、愛人との子供マザリンは既に生まれていたし、シラクも日本に愛人がいた。つまり建前で夫婦をやっていたわけだ。

離婚がこれだけ騒がれるのは、サルコジが非常にメディアティックな大統領で、セシリアがジャッキー・ケネディに比較される素敵なファーストレディだったから。さらに、大統領選の前に「よりを戻した」2人が仲良く寄り添い見詰め合う写真があちこちに載ったので、「あれは選挙のため?」「大統領就任式のレッドカーペットを一緒に歩くためだったの?」。愛人を追いかけてNYに行ってしまったセシリアを呼び戻すために「相当額のお金が積まれた」という説もあるくらい。

正式離婚を先駆けで記事にしたのはNouvel Ovservateurだけど、突然、週刊誌の表紙はこぞってセシリアになり、土曜日にはELLEが発売を2日間繰り上げて、離婚した胸の内を語るセシリアの独占インタビューを載せた(買ってしまった!)。
つまりかなり前からわかっていたってこと。ELLEのインタビューは「偽らずに、私の人生を生きたい」というタイトル、「20年間、サルコジを陰で支え続けたけど、ファーストレディのプレッシャーは自分には重すぎた。普通の生活がしたい」という、セシリアファンの女性が望むような「離婚の理由」が語られている。一方、口の悪い噂は「セシリアはもっと金持ちの相手を見つけたから離婚を決めた」。まさにジャッキー・ケネディの再来。噂はまだまだ続きそう、ウフフ・・・
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ