サルコジ・マラケシュ・黒ビキニ

大統領選に敗れたあと、外国をあちこち豪遊していたサルコジとカーラ・ブルーニ。マラケシュの、モハメッド王Ⅵ世のおうちに泊まっていたとき、このパラスにいたく関心を示し、2度も訪れた、とLe Pointがすっぱ抜いた。

maisonsarkozy-595886-jpg_408881.jpg
photo:le Point
場所はマラケシュのラ・パルムレ(リッチ層の邸宅が集まる地区)の一画で、1500㎡の邸宅にはお客用スイート・ルーム8部屋、シネマ室、マッサージサロン、21mx7mのプール。夫妻の寝室は100㎡で幅3.6mの巨大ベッドがあり窓からの眺めが素晴らしいそうだ。
お値段は5~600万ユーロ(約6億円、モロッコ値段!)。今のところ元大統領夫妻は手付けも何も払っていない。

マラケシュのラ・パルムレといえば、DSK夫人アンヌ・サンクレールが御殿を購入したのもこの一画。2年かけて(膨大な工事費もかけて)大改装し、そこに招待された社会党書記長マルティーヌ・オブレイはその豪華さに度肝を抜かれ「こういう豪勢な暮らしをしている人に左派を代表させることはできない」と思ったとか。

さてサルコジ、選挙中は“前回勝利の日、フーケツでしたパーティ(富裕層や大企業社長を招いた)を後悔している”とか殊勝な顔で言っといて、その舌の根も乾かぬうちにこんな豪邸を「買っちゃおうか」などと思うんだから、懲りないヤツだ。
一方、フランソワ・オランドは大統領になって100日目に行われたアンケートで「満足している」と答えた人が過半数を割った。同じく100日目、サルコジに「満足している」は70%だったというけど、フィガロ紙(右派)のアンケートだものね。この結果を絶好の機会と、右派がオランド攻撃をしたことは言うまでもない。

オランドとヴァレリー・トリエルヴィレールはバカンス中隠し撮りしたVSD(ゴシップ週刊誌)を訴えたとか。
訴えるほどすごい写真でもないけど・・・
VALERIE-TRIERWEILER-FRANCOIS-HOLLANDE-VSD-e1344588336501.jpg
photo:VSD

メディア好きのニコラ&カーラは訴えず。ファーストレディって黒ビキニがキマリらしい。
それにしてもどーしていつも手を繋いでいるのか?幼稚園の遠足じゃあるまいし・・・
sarkozy-carla-plage.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ