その日にあったこと、何をして、誰と会って、腹が立ったこと、嬉しかったことを話す、「実は浮気しちゃった」なんてことまで打ち明ける・・・つまり“透明である”のがカップル長続きの鍵、と言われていたのは一昔前のことらしい。

「男(女)友達と一杯やった、前妻(夫)と食事をした、というようなことは言わないほうがいい。“秘密”の部分があることが、関係を持続させる秘訣だから」が最近の心理学者のアドバイスなんだって。
「だって、今日はどこで誰と何をして、何を食べて・・・なんて話したら、子供時代に母親に根掘り葉掘り聞かれたのを思い出すでしょう?マンネリ化のもと」と某精神分析家。なるほど。

その説によると、
言わないほうがいいこと:
仕事の後で前の彼(女)に会った、など深みにはまっていない小さな秘密は言わない。問い詰められても軽く受け流し“自由である”ことを実感しよう。

言ったほうがいいこと:
高いものを衝動買いしちゃった、とか、お金に関することは白状したほうがいい。会社を首になった、も言うべき。毎朝、出かけていくふりなどしないこと。病気が判明した、も隠さない。困難を一緒に分かち合うのは絆を深める。

タイミングを選んで言うべきこと:
“一時の出来心”の浮気なら自慢しない(!)ほうがいい。カップルが本当に上手くいっていないとき、「私が浮気するようじゃ、私たちの間、もうダメよ」のように白状する。

ふーん・・・すなわち、小さな秘密は「残業で遅くなった」とウソでごまかし、お金や病気の相手の助けを必要とすることは言い、浮気したことは別れる捨て台詞にとっておく・・・なんだか逆に関係を悪化させそうなアドバイスに思えなくもないですが・・・やってみるか。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ