夫が家事を手伝うカップルのほうが、妻が殆ど家事をしているカップルより・・・離婚率が高い!なんと50%も高い、というノルウェーの調査の結果。
1回目は18歳から84歳の男女15000人を対象に、2回目は40歳から79歳の男女4000人を対象に-年齢の分け方の基準がよくわからんけど-行われた本格的な調査だ。題して”家庭における男女平等”。

家事分担の仕方に理由があるのかと思った。うちは“お風呂そうじ”“洗濯”“買い物”“皿洗い”などの分担を決めようとすると、みんな「買い物する」と言いだすからだ。
しかし別に「お風呂そうじがイヤだ」というのが離婚の原因ではないらしい。
では何か?

調査を行ったノルウェーはヨーロッパの中でも男女平等が徹底した国。“現代的カップル”の多くは共働きだ。妻は高学歴を持ち、結構稼ぎのいい仕事についている。自分の分担の仕事をやる、他人のテリトリーに踏み込まない、という教育を受けているので、家事は真っ二つに分担する。
なんらかの理由でカップルがうまくいかなくなったとき、妻は経済的に自立しているからあっさりと離婚してしまう・・・という過程を聞けばナーンダと思う。「夫が家事を手伝うほど離婚が多い」と短絡的に言われると、びっくりするじゃない。日本の亭主たちが、じゃ離婚を防ぐため家事を手伝うのやーめた、などと言い出しそうだ。

フランスの調査では、共働きのカップルでは妻の家事の負担のほうが大きい(確か60~70%)という結果だった。

日本の亭主族が「家事を手伝わない」などと言いだしたら、離婚される危険が増すと思うけど。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

スポンサーサイト
コメント
ウチは私が専業主婦なので対象には入りませんが、共働きしていた期間は分担ではなく、家事は全て妻である私の役目でした。子供がいたら、また違ってたかもしれないですね。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ