パリ・ファッションウィーク(Semaine de la mode à Paris)という名前はなんか「交通安全週間」みたいで、昔のパリ・コレ(クション)のほうが煌きがあったと思いません?・・・とにかく、2013春・夏コレクションで、もっとも期待と不安で待たれていたのがエディ・スリマンのYSL。クリエイティヴ・ディレクター就任初めてのコレクションだ。

グラン・パレの展示室で行われたデフィレには、アズジン・アライア、アルベール・エルバス(Lanvin)、マーク・ジェイコブスなど有名デザイナー、オランド大統領“同伴者”ヴァレリー・トリエルヴィレールの姿も最前列に。
レザーのスリムパンツ、肩を強調した小さいジャケットにモスリンのブラウス、シルクのロング・ドレスにつばの広い帽子、サファリ・ルックなど黒が基調のコレクションが70年代のサンローランを蘇らせる。

defile-hedi-slimane-1.jpg

defile-hedi-slimane-6.jpg

こちらはサンローラン本人の作品
YSLSafariDOuble.jpg

「イヴの遺産が護られた!」と、公私共にサンローランの長年の伴侶だったピエール・ベルジェ。「エディ・スリマンはコピーすることなく、サンローランのDNAを駆使するのに成功した」と大感動。
「サンローランの継承に重きをおいて冒険がなさすぎた」という辛口批評もあるけれど、エディ・スリマンにとって恐ろしいプレッシャーだったであろう1回目のコレクションは喝采された。

YSLは、LVMHに次ぐ企業グループPPRの傘下。PPRはグッチを稼ぎ頭に、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガ、ステラ・マッカトニーなど高級ブランドを抱えている。YSLは2012前半期で売り上げを41%伸ばしたとか。この不景気にホント?エディ・スリマンの就任は3月だ。

hedi-slimane.jpg

スリマンさん、パリ政治学院を出たあと、ルーヴル美術学校を卒業したというすごい学歴。
パリ政治学院といえば、大統領候補討論会の司会をしたトップクラスのアナウンサー、ダヴィッド・プジャダスもここ出身。天は二物を・・・与えたわけだ。
大変な性格だったらしいが天才だったサンローラン、彼の遺産が受け継がれていけば素晴らしい。
そうそう、ヴィンテージ・ショップに時々出る、YSLの黒いスカートは私の宝物だ。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ