FIAC(国際コンテンポラリー・アートフェア)が始まったとラジオやテレビが騒いでいる。
現代アートって、何でもアートになっちゃうような、こんなの私だって描けると思えるような・・・でもそれは先入観かもしれない。と思っていたところ、夫が招待券があると言い出し(入場料30ユーロ!)、初日に行った友達が「不況のときこそアートだ!」というので、じゃ行ってみるか。
出展ギャラリー182、そのうち160が海外から。アートファンだけでなく、投資や税金対策目的の人も多いとか。
“美術品”はISF(不動産も含めて持ち財産にかかる税金)から除外されるからだ。

入り口付近に”いた”このオジサン、すごくリアルなんで怖い。

CIMG3014-001.jpg

ムール貝がぎっしり貼り付けてある。ちょっと気持ち悪い。
ブルターニュの海岸に行くと、こんな感じの岩がたくさんあるのにね。

CIMG3015-001.jpg

壁に布が貼り付けてあるだけ。お店番の人もウンザリした顔・・・そりゃそうだろう

CIMG3018.jpg

CANAL+のニュースでも紹介された”ブッシュと豚”・・・

CIMG3021-001.jpg

こんなのがうちにあったらお化け屋敷だ・・・

CIMG3023.jpg

大事そうにケースに入れられた木片。田舎に行けばゴロゴロしてそう。
この当たりからだんだん腹が立ってくる。

CIMG3025.jpg

床にナシが並んでだけ・・・
不気味でも美しくなくても、努力が見られる作品はいいとして、こういうのはホントに「人をバカにするな」と言いたい。
「腐らないかしら」とヘンな心配をしている人もいた。

CIMG3035.jpg

『立ち入り禁止』というタイトル。この当たりから本気で腹が立ってきた。

CIMG3027.jpg

毎年必ず1点はあるという”白いキャンバス”・・・

CIMG3024-001.jpg

唯一美しかったのはグラン・パレのドームだ。

CIMG3032-001.jpg

おお、生きた現代アートの・・・オネエサン?オバサン?

CIMG3037.jpg

たまたま一緒に出たので追い越してみたら、オバアサンだった。

CIMG3044-001.jpg

グラン・パレを出たときには、現代アートに対する先入観は確信に代わり、「ま、とにかく観てきた」という達成感と、「何でわざわざあんなものを観に行った?!」という後悔の間を揺れ動きながらウチに帰った。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
サンパ
全く同感です。
Re: 豊栄のぼる様
ですよね・・・よかった!
Re: spider77様
えーっ!ご近所なんですか?!
他のコーディネイトも見てみたいです。
スタイルは拒食症の痩せ方ですよね。
どの現代アートより人目を引いていました。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ