モンクレール・ダウン物語

気温が下がってきたパリ。フォーブール・サントノレ通り5番地はお客さんがひっきりなし、と今週のELLEが書いていた。そう、ダウンの王様、Monclerの路面店。
Monclerは高級ダウンの代名詞になっていて、カフェを出るとき「ちょっと待って、モンクレール着るから」なんていう女がいるほど。「ちょっと待って、シャネル着るから」なんて言ったら、すごく嫌味だけど、モンクレールだと許されるわけだ。

綺麗な色が豊富。でも街で見るのは黒、白、ベージュ・・・が多い。

ダウン モンクレール


今年、創立60周年のブランドの成功の秘密は、ダウン=ぶくぶく、というイメージを塗り替えたこと。フランス産のガチョウの羽をギューギューという感じに詰め込んで、フォルムは年々スリムになっていく。私が10年位前にモンクレールと知らずに(そこを強調!)買ったダウンは今でも気に入って着ているけど、そんなにスリムじゃないしロゴもついていないので誰もわからない。

襟はこれに似ているけど、ウェストシェイプされていないし、羽の詰め込み方もゆるい感じ。10年前だものね。
Moncler-Doudoune-Femme-Zip-Avec-Ceinture-Fashional-Noire.jpg

Monclerは1952年にグルノーブルのフランス人2人が起こした“寝袋”の会社。
1954年に初めて“ダウンジャケット”が作られたけど、低温の工場で働く工員の作業着としてだったそう。
でも、軽くて暖かいジャケットはすぐに広まり、1968年、冬季オリンピック、フランス・アルペンスキーチームの公式ユニフォームに選ばれる。
1980年にはシャンタル・トマが呼ばれて、ストラスやジュエリーをつけたダウンを発表。続いてティエリー・ミュグレールやカステルバジャックが招待デザイナーになった。彼らがどんなダウンをデザインしたかは、まあ想像がつくもの。
その後なぜか衰退し、1992年には事実上倒産、あちこちに買収されたがパッとせず、2003年にレモ・リュフィニというイタリア人が買い取ってイタリア・ブランドになる。
高級・スリム・デザインをキーワードにしたレモさんのダウンは忽ち成功。モンクレールの年商は2003年の3500万ユーロから2011年の5億130万ユーロへ大飛躍した。

有名なBrillant Bady、光る素材のナイスバディは600ユーロとか。
2011 Nouveau! Moncler armoise femme doudoune rouge

個人的にはダウンは便利で軽くて好きだし、着方によってお洒落と思うけど、10代後半から20代前半には「好きじゃない」という人が少なくない。子供時代ダウンばかり着せられた反動?あんまりお洒落じゃないダウンが街に氾濫しているせい?
この前ネットで半値で手に入れたY-3のダウンベスト、得意げに子供たちに見せたら、
「袖がないのがヤボイ」
「田舎で着たら?」と言われ(シュン・・・)仕方なく田舎で着ている。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
こんにちは
はじめまして
お洒落なセレブブランド モンクレールの情報収集をしています。
こちらのサイトで、ちょっと気になる情報が載っていましたので立ち寄らせていただきました。
また機会ありましたら立ち寄らせていただきます。
その節は、よろしくお願い致します。

Re: みんみ様
どうぞまた立ち寄ってください。
私たちはそれらを使用することは素晴らしいことだ
ダウン モンクレール
こんにちは、これは非常に良いといい投稿です。
sadwasdwsadwasdasdwasdwaxdwadsadwasdwasdwasdwasdwa
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ