「ダレソレの女」と呼ばれたくない

NYホテルでの強姦未遂事件で世界的に有名になったドミニック・ストラス=カンとアンヌ・サンクレール(元TF1の花形アナウンサー&ジャーナリスト)、かっての厚生相ベルナール・クシュネールとクリスティーヌ・オクラン(性格の悪さでも有名なベテランジャーナリスト)、忘れちゃいけないオランド大統領とヴァレリー・トリエルヴィレール・・・フランスには政治家&ジャーナリストのカップルが多い。政治家は忙しいから、ジャーナリストくらいしか出会う時間がないのかも。

2012年の大統領選候補にもなったアルノー・モンブール(現在、生産性向上大臣)とオードレイ・ピュルヴァール(カルチャー誌Inrockuptibles編集長)もそのテのカップル・・・だったんだけど、

アルノー・モンブール&オードレイ・ピュルヴァール

オードレイが日曜に「私たち別れた」とAFP(フランス通信社)にSMSを送った。「『・・・・の女』と呼ばれるのにウンザリした」が別れの理由。
それをニュースで聞いた人は概ね「なんでわざわざSMS!」「勝手に別れればいいじゃん」「誰も興味ないよ」という反応であった。
それに対し、オードレイ・ピュルヴァールは「そうね、3年来誰も私たちカップルの話なんかしなかったわよね」と皮肉たっぷり。確かに、2人の関係はゴシップ雑誌の常連トピックだったし、彼女がトークショーとかに出演するたび、私たちは反射的に「モンブールの彼女」の“肩書き”をくっつけていた。
でもその肩書きのお陰で有名になったんじゃない?

某新聞にすっぱ抜かれた”15000ユーロ(約150万円)のメガネ”も有名。
ダイアも入ってないし、どーしたらそんな値段に?

オードレイ・ピュルヴァール

「私たち別れた」SMS以前のインタビューでは、
「政治家のパートナーであることで、中立的なジャーナリストの仕事ができないのではと心配していた。でも現実には、私の上司も、その前の上司も、私を“モンブールのスポークスマン”としか見てくれず、中立なジャーナリストとして扱ってくれなかった」とか、
「・・・私がモンブールに影響されるのではなく、私が彼に影響を与えるといわれる(誰に?)。実際、私は彼より左寄りで、彼の政策を批判する記事を書くこともある」
要するに、並外れて大きいエゴ、根拠レスな自信の持ち主ってこと。モンブールさん、別れて良かったね!


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ