観たあと腹が立つこの映画

1958年、ノルマンディの小さな村。21歳のローズは食料品店を営む寡の父親と2人暮らし。間もなく村の自動車修理工の息子と結婚し“専業主婦”になることが決まっている。
その人生を歩みたくないローズは、近くの町でルイが営む保険会社の秘書採用試験に出かけていく。
彼女には秘書的資質はなかったけど、唯一タイプをスゴイ速さで打つという特技を持っていた。それがルイの競争心を目覚めさせる。タイプ速打ちコンクールに出場する-そして勝つ!-という条件でローズは採用される・・・

『Populaire/人気者』のお話。
映画 Populaire

ルイにロマン・デュリス、ローズにデボラ・フランソワ(初めて主役のベルギー女優。50年代ファッションがよく似合う)の他に『アーティスト』のベレニス・ベジョ、エディ・ミッチェル、ミウミウ、ニコラ・ブドス・・・とキャストはばっちりなのに、この作品はつまらない。
すべて“定番レシピ”通りで、オリジナリティも意外性もない。

映画 Populaire2

ロマン・デュリスのキャラもわからん。ノルマンディ一、フランス一、そして世界一速いタイピストにするという野心の出所がわからない。ローズへの気持ちも曖昧だ。
ローズは、専業主婦になりたくない、手に職を持ちたいという意志は尊重するけど、その葛藤が描かれず、きれいごとにまとまっている。他の登場人物もなんかカリカチュアで、つまりどこにも共感を持てない。

ノルマンディの速打ちコンクール
映画 Populaire3

途中で出ようかと思ったけど、あれだけ批評がいい映画なのにそんなはずはない、何かもう一ひねりあるはず、と最後まで期待を捨てずに観たのがアホ。何事も起こらず、予想通りのハッピーエンド。

こんな映画を2時間観ていたことに腹が立ち、批評がいいのにも、映画館が満席なのも腹が立った。
出口でばったり友達に会い「どう思った?」と聞かれ「画期的につまんない」「だよね!」で少し怒りが静まったけど。
今年は『ポリス/Polisse』『最強のふたり/Intouchables』のような大ヒットフランス映画がなかったので、この『『Populaire』に期待が集まっていたと聞くけどトンデモナイ。万が一この作品が『最強の・・・』みたいなヒットになったら・・・ベルギーに移住するとは言わないけど、とにかく私の2012年フランス映画1位はコレ!

それでも観たいという方:
『Populaire』
レジス・ロワンサール監督作品
1時間51分
あちこちで公開中

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ