高所得者に75%課税というオランド政権の法案に怒って、外国移住を決めたドパルデュー。サンジェルマン・デプレの豪邸(1800㎡!)を売りに出し、ベルギーの田舎に家を買い、村のビストロで住民と肩を組んでいる写真なんかが新聞・雑誌に載った。12月、彼の移住に批判と弁護が飛び交う最中、ロシア大統領プーチンが「ウチへいらっしゃい」。
最初、冗談かと・・・第一、税金逃れの人はみんな近くの国に移住するのに、ロシアは遠すぎる。
ところがこの金曜日、ドパルデューはロシアに赴き、黒海沿岸の避暑地でウラジミール・プーチンと会い、あっさりロシア・パスポートを手に入れてしまった。ロシアのテレビには2人が抱き合っている姿が放映された。

プーチンってこんなに小柄だった?!それとも・・・

ドパルデュー/プーチン
photo:Reuters

ドパルデュー、ロシア人
photo:AFP

ドパルデューはオランド大統領へのメッセージも発表:ロシアはリッパな民主主義の国で、総理大臣が国民を“情けない”という国とは違う。
この発言には「独裁者から恩恵を受けたドパルデュー」「独裁者のお友達」と各紙が批判し、プーチンはプーチンで、政治的CMに利用した、と批判される。

ドパルデューはロシアでも人気スターで、ケチャップのCMに出たり、仏露合作テレビ映画ではラスプーチン(帝政ロシア末期の祈祷僧。僧としてより奇怪な容貌や壮絶な最後で有名で、映画や本の題材となる)を演じた。
そういわれてみれば、その巨体といい、ドパルデューは立派にロシア人として通りそうだ。

とにかく。
「欲しい」と言っただけで、国籍も簡単に手に入る人がいるわけだ・・・ロシアの税率は13%、なるほどフランスより遥かに大儲けできる。そう、すべてはお金のため。自分の祖国を捨てることに躊躇いはないのかね・・・

ロシアの歓待はこれに止まらず、7日モルドヴィアの首都、サランクスの飛行場に降りたドパルデュー、ファンファーレと合唱隊で『英雄のように』迎えられ、家一軒と、文化相のポストを提案された。

そりゃベルギーのど田舎のビストロで、ビールなんか飲んでいるより、大統領に迎えられたり、頼みもしないのに家をもらったりするほうが面白いに決まっている。
「国籍はコレクションするものじゃない!」とベルギーの村が怒り出すわけだ。
せっかく「ドパルデューのおうちはこちら」なんて立て札を立てて、喜んでいたのにね・・・

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
こんにちは。 
ロシアの税率の低さにびっくりしました。
ラファイエットでの高額顧客が中国についで2位だと去年、パリに行ったときに聞きましたが、素人考えで納得。

日本は40%から45%に引き上げるかも(富裕層中心)・・・とニュースでしていました。
Re: kaori様
こんにちは!
でもこの税率を享受するためには1年のうち最低6ヶ月はロシアに住まないといけないそうです。
映画スターにそんなことが可能なのか?
ドパルデューの出る映画の舞台が殆どロシア、なんてことになったらギャグですね・・・
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ