少し前にフランソワ・フィヨンとフランソワ・コッペがUMP(中道右派のメジャー政党)議長の椅子を争っていた時、元議長のアラン・ジュッペが仲裁を買って出た。ところが両者とも全然譲らないので、
『Juppé a jeté l’éponge』(ジュッペが諦めた)というのが新聞の見出しに出た。
「Jeter l’éponge」という表現は「投げ出す、諦める」の意味で、深く考えず使っていたけど、ふと何故・・・?
épongeはスポンジでしょ?皿洗いのとき使うアレ。皿洗いをしていて、もうヤーメタ!とスポンジを投げ出す、ってこと?お皿を洗っているジュッペがスポンジを放り出す姿はどうしてもピンとこない・・・と調べたら、全然違っていた。ボクシングから来ている表現だ。
ボクサーにはマネージャーがついていてラウンドが終わるごとに汗を拭いたり、水を含ませたりするでしょ。今はタオルで汗を拭くけど、昔はスポンジで拭いていたそう。で、ボクサーがヨレヨレでもう闘えない、とマネージャーが判断したとき、リング上にスポンジを投げる=“もう試合をやめる”という意味だとか。それがボクシング以外で、投げ出す、諦めるという意味で使われだしたのが1900年頃。皿洗いの話ではなかった。

「Etre dans de beaux draps=厄介な状況にある」は余計わからない。“きれいなシーツにくるまっている”がどうして厄介な状況なの?さて答えは:
この表現の本来の形にはblanc(白い)がついていて『Etre dans de beaux draps blancs』。 そしてdraps/シーツは長いこと、衣服の意味で使われていたそうだ。つまり直訳すると“白いきれいな服を着ている”。
16-17世紀、淫蕩な生活をしている人は、日曜日のミサに白い服で出なければならなかった。彼らの“汚れた(noir)生活”から出させる象徴の色が白、というわけ。で、17世紀末まで“白い服を着ている人”は非難・嘲笑の的だった。

・・・というルーツを知ると、今のDSKにピッタリの表現ではない?NYのカールトンのルームメイド強姦事件は一件落着したけど、リールのカールトン・ホテル、コールガール・パーティのほうで、かなりヤバイことになっている。

長年の淫蕩な生活のツケが今どっと。この人が大統領になっていたら大変だった・・・
DSK


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
フランス語面白表現
初めまして.はることいいます。
楽しいブログですね。
楽しませていただきました。
私はミュンヘンに住んでいます。
もう35年、、、
でもフランスは憧れ、、大好きです。
Re: フランス語面白表現
はるこ様
コメントありがとうございます。
ミュンヘンに35年!日本語、忘れませんか?
義父がドイツ文学の先生だったので、子供の第一外国語はドイツ語ですが、
私は全然わかりません。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ