8日は『第二次大戦勝利の記念日』、9日はキリスト昇天の日、金曜日休めば日曜日まで5連休。しかもパリは学校が春休みなので、日曜日、夫は子供たちとその友達2人を連れて田舎に発った。(滅多にない独身1人暮らしの2日間に狂喜したワタシ!それは別の話として・・・)
水曜日、私はシャンパーニュ地方の実家に合流すべく、12時の電車に乗ろうとした。
この地方はあまり観光地じゃないので電車はいつも空いている。ところが東駅のホームに行ってみると朝8時のメトロのような状態。押してもらわないと乗れない!
ギューギュー詰めのところに「パルドン、パルドン、乗せてちょうだい」と乗れたのはいいけど、電車は定刻10分過ぎても発車しない。ホームにはSNCF(フランス国鉄)駅員の数が増え、安全保管員も現れた。

間もなく駅員がやってきて、
「この状態では安全性が確保できないので、発車できない。どうしてもこの電車に乗らなくてはいけない、という人以外は、次の電車(2時間後)かまたその次の電車(3時間後)に乗って欲しい」
乗客たちは、2時間もホームで待てない、待ち合わせがある、と、しばらく誰も動こうとしなかったけど、時間が経つにつれて1人、2人と降り始めた。私も、立っているより次の電車・・・となびいて、でも・・・次の電車も予約している人が大勢いて、その上、この電車に乗れなかった人がなだれ込むわけだから、状況は変わらない。つまり次の電車で座れる保証はないし、また「発車できない」になるかもしれない。ホームで待つより、電車の中で待ったほうが利口そうだ。

間もなくまた駅員がやってきて、
「あと50人ほど降りてもらわないと発車できない」
そこで乗客たちはキレた。
「連休初日にこんな短い電車を出すなんて(ほんとに電車は普通の半分くらいの長さだった)非常識!」
「安全性なんてウソ、このくらいの混み方で毎日電車が走ってるじゃない!」
「もう1車両くっつけられないの?」
「乗れないなら、なんでこれだけ切符を売ったの?」と私も一言。
「私のせいじゃありません」とまたフランス人得意の言い訳がでた。
「とにかくこの状態じゃ発車できませんから」
「けっこう。今夜はここで寝ます」

敵は、乗客が諦めて降りるのを待っているわけだ。こうなったら根競べ。駅に迎えに来るはずの夫に電話して「電車、まだ出ないの。いつ出るかわからない」
普通だったら、無理しないで『独身の日』を延長するところだけど、この晩は従兄妹家族7人を夕食によんでいて、その食料の大半は私のスーツケースに入っている。はたして夫の返事は
「なんとしても乗ってくれ」であった。休日でお店は全部閉っているし、私より食べ物が大事みたい。

1時間が経過した頃、SNCF課長クラスのオバサンが現れ、「安全性・・・」を繰り返そうとしたけど、乗客の総攻撃に遭う。彼女は恐い顔で考え込んでいたが、ついに「発車させましょう」
75分遅れて電車がホームを出たとき、乗客から拍手が起こった。ほらね、走れるんじゃない。勝利!

間もなく、学校の先生風のおばさんが紙を持って、現れる。
「今、SNCFに抗議の手紙を書いたのでみなさん、署名してください」“権力”に対して団結するのが得意な国民なんだ。みんな(私も)署名した。
目的地の駅に降りたら、ちょうどアナウンスが流れていた。
「次の電車も“乗客のせいで”約60分の遅れとなります」
人のせいにするのが得意な人たちでもある・・・

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
いつも「ウ~ン、なるほどね」と面白く読ませていただいてます。
急にフランスに興味を持ったので・・・。
今回は又、日本では考えられない出来事です。
抗議の手紙は今後に影響あるのでしょうか?

アナイスちゃんとタマ君は元気ですか?
Re: カノママ様
こういうシーンに出会うと「日本だったらどうなるだろう?」といつも想像します。
やっぱり考えられませんか・・・?「このぐらいの混み具合で走ってるじゃないか」くらい言うかな、と。

アナイス、タマは元気です。ありがとうございます。
留守にするときは、近所の人に頼んでいくんですが、帰るとアナイスは「・・・たく、どこに行ってたんだ?」という顔で、しばらく不満を表明しています。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ