肝臓が2つ欲しい、カンヌの長い夜

夜はBâoli/バオリという、招待者いわく“カンヌで一番いいレストラン”に呼ばれる。

カンヌの夜

「8時半から」と言われたので、私たちは9時頃着いた、けど呼ばれた人は殆ど来ていない。すぐにシャンパンが注がれる。
9時半、30人の招待客のうちやっと半分が着いて、春巻きとお寿司のアミューズが出てきた。
「これじゃ食事が始まるのは10時半ね」
夫は既に3杯目のシャンパン。少しピッチを落とさないと、夜はまだ始まってもいない。

“男性はタキシード”と言われていたので、夫は25年前のスーツを急遽直して(可能な限り広げて)蝶ネクタイをしている。ところが、チェックのジャケットやノーネクタイのラフな格好の人も多いので、ウェーターと間違えられそうだ。
前にクレージーホースにこの格好で行って、トイレに立ったら、あちこちのテーブルから注文を受けた、という苦い経験があるのだ。
女性の殆どはカクテルドレス。

やっとテーブルにつくと、真ん中が回転する中華レストラン式で、大きな寿司プレートが登場した。日本でフランス料理がお洒落な食事であるように(それ以上に)、ジャパニーズ・フードを食べるのは“先端”なのだ。
さてそのプレートの顔ぶれは:巻き寿司の上にサーモンのマヨネーズ和え、もち米の巻き寿司のから揚げ、帆立貝の入った春巻き、サーモンのタルタルに揚げおにぎり添え・・・という“清く正しいお寿司”とは似ても似つかないもの。アイディアと想像力は認めるけど、こういうのを「ジャパニーズフード!」とみんながパクパク食べているのを見ると・・・複雑な気分。
場所が暗くて、写真が撮れなかった。第一こういう場所は“有名人がいるかもしれない”という理由で、カメラお断りが多い。しかし周囲を見回しても映画スターとか有名人はいなかったわね。

カンヌの夜3

空になった寿司プレートが下げられ、メインが現れるまでがまた長かった。その間、ひっきりなしにワイングラスが満たされる。
レストランで一番儲けが大きいのが“飲み物”であるから、飲ませようとするのはここに限ったことではないけど、「年に一度の稼ぎ時。マックスに飲ませろ」という指令がウェイターの隅々まで行き渡っている。
これ以上飲むとヤバイ私は水に切り替える。

お客にはロシア人が多く、彼らの飲みっぷりはすごい。英語やフランス語で話すと寡黙だけど、ロシア語になるとおしゃべりだ。つまりあまり混じりあわない。
私たちのテーブルにはオーストラリア、スイス、デンマーク、フランス・・・そして日本。私の隣には“トルコとルーマニアの混血のフランス人”という男性で、私が一言いうとひとりで15分はしゃべってくれる。最初はラクでいいと思っていたけど、次第に「どっかのボタンを押すとしゃべりだすロボットじゃあるまいか」と。奥さんが離れて座っている理由がわかった。

やっと出てきたメインは、ビーフと子羊のグリル、舌平目のソテーが少量ずつ一緒にサーブされ、回転テーブルに付け合せが何品か並んだ:細切りのフライドポテト、キノコのソテー、(突然)海老入り焼きそば、中華風野菜炒め・・・肉や魚の素材はすごくいいけど、海老の焼きそばはステーキと一緒より、単独で食べたい。

食事が終わったのは午前1時。これから近くのクラブに行って踊ろう、ということになり、私は行きたかったけど、運転するのは夫だ。
「どーする?」「君が行きたければ」と、毒を食らわば皿までも・・・という顔。カンヌの果てしない夜の第二部だ。

Gothamというクラブで、蛍光ラベルのドン・ペリニヨンのマグナム。
カンヌの夜2

・・・その結果。翌日の夫はすごい二日酔い。「もう25歳じゃないことを忘れてた」そうで・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
寿司の唐揚げ
なるほど、状況はよく理解出来ました。巻きずしのから揚げと揚げおにぎりというのは、一度食べてみたいもんですね。どんな味になるのでしょう。
Re: 寿司の唐揚げ
もしかしたら美味しいかも、という期待でひとつは食べても、2つ目は食べない、という味でした。数種類あったので、全部ひとつは食べましたが。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ