先週までコートを着ていたのに、突然夏になって、ノースリーブ、素足にサンダルみたいな人が多い。
Vゾーンから覗く豊かなバストや立体的なヒップに私は憧れるけど、「水着まであと何週間!」と友達は次々とダイエットを始めた。男性も、だ。

フランスで有名なダイエット法と言えば・・・

(一番売れた)ドクター・デュコンDukanのプロテインダイエット
最初の1ヶ月はひたすらプロテインだけ(例えば朝:卵3個、昼:ステーキ2枚、夜:魚400g)。プロテインでも脂肪分の高い乳製品や豚肉加工品(パテ、ソーセージ)はダメで、それ以外は食べ放題。“野菜”で許されるのはなぜかピクルス。1ヶ月後から緑黄色野菜を食べてよく、その後、果物もOK。

利点は、プロテインなら食べ放題なので空腹感がないのがこと。夫もこれで5kg痩せた。
欠点は、たんぱく質の取りすぎが腎不全を招く危険性。野菜を食べないから当然、便秘になる。お金がかかる。リバウンド率が80%と高い。夫もほぼ取り戻した。

著書「私は痩せられない」はミリオン・セラー
フランスのデュコン・ダイエット

(一番やりたくない)単品ダイエット
食品の組み合わせが太らせるという理屈で、1食(または1日)1食物だけ食べるというダイエット。例えば、月:米200g、火:肉500g、水:果物1kg、木:魚500g、金:野菜(缶詰はダメ)1kg、土:卵6個、日:乳製品好きなだけ・・・と聞いただけで食欲が失せそうな。
欠点は、会社勤めの人は実践しにくい。科学的根拠に基づいていない。プロテインが不足し筋肉が衰える。そして何より、食べる楽しみがなくなる。フラストレーション度100%。

(本人はやってなかった?)ドクター・アトキンス(Atkins)の低炭水化物ダイエット
アメリカ人アトキンスが始めたダイエットは70年代から広まり、試した人4000万人とか。肉・魚・乳製品・野菜・果物はOKで、米・パン・パスタ・糖類はダメ。
アメリカでは2000年から副作用が批判され始め、アトキンス本人は2003年に転倒して死亡。その時116kgあったという噂。
フランスのお医者たちには“一番危険がない”と言われているとか。

(一番きな臭い)ジャン=ミッシェル・ギュレのメンタル・ダイエット
「私の目をじっと見なさい・・・あなたは痩せている。マクドナルドもケーキも忘れなさい・・・」
催眠術、ビデオ&オーディオ・コーチングで、自分が徐々に痩せていると思うことで、痩せる。フラストレーション度は非常に低いけど、そんなんで痩せるわけない・・・

”メンタル・スリム”だって
フランスの催眠ダイエット


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
Bonjour、はじめまして。いつも通勤電車で読ませて頂いています。これからも楽しみにしています、よろしく。
さ、タイムリーなお話しで、
ウチの主人(France人)もプロテインダイエットして10日で6kg痩せ、彼の姉が泊まりに来て終了。
高カロリー食でおもてなし。!!!
既にリバウンドしている筈です。
Re: ハンドRNA様
はじめまして。
10日で6kgはスゴイですね!うちの夫は、”プロテインだけ”をやめてからも”食べ放題”のほうは続けているので、リバウンドして当然です。
こんにちは。
知人がDukanをやっていました。彼女の場合は同時に運動も始めて、今ではマラソンにすっかりはまったらしく、ダイエットは完了したけれど毎日走っているそうで、リバウンドなんて全く関係ないようです。
やっぱり運動が必要ということですね!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ