高二(première)の“先行バカロレア”フランス語筆記に続いて歴史・地理の口頭試問があった。
試験範囲は『シャルル・ド・ゴール』『第一次世界大戦』『中国』『グローバリゼーション』『地域行政』・・・つまり1年間で勉強したことのすべて、非常に広範囲。
一日パジャマのままで勉強していた娘が、夜遅く「質問して」とやってくる。こちらとしては「DVD でも観ようか」という気分。小さい字で書き飛ばした彼女のノートは判読するのから困難で、近代史など記憶の彼方・・・いや彼方にすら残っていない。質問するためには予習しなければならない。といっても試験は目前なので無碍に断れず、つきあったらけっこうお勉強になった。

聞くたびに恐いのが『第一次世界大戦』の被害、死者の数。生きて帰ってきても、負傷や精神的ダメージでボロボロになった兵士達・・・。現代の戦争とは程遠い。
私にも少しは知識があるのが『グローバリゼーション』(商品や原料、労働力が世界のどこからどこへ動いているか、マルチナショナル企業の搾取・・・)。
一番つまらんのが『地域行政』(国がどこまで地方自治体に決定権を与えているかetc…)

試験当日は、くじ引きで2つのテーマがあたり、20分間考える時間を与えられ、試験官の前で20分“解説”し、質問に答える。
同じ時間帯に6人ずつの生徒がconvoquéされる(滞在許可証更新のとき、お馴染みの動詞!=呼び出される)ので、最後になった生徒は2時間近く待つことに。その間ストレスが増し、最後の復習をしたくても集中できない。
娘は4番目で、くじ引きで『中国』と『コーヒー』が当たった(「紙を開くとき、手が震えたわよ!」)。この2つは「当たればいい」と言っていたテーマなので、ここでどっと安心。『コーヒー』はグローバリゼーションの代表的例だ。

廊下で待ちながら準備している間、試験場の声が聞こえてくる。前の男子生徒は“全然勉強しなかったみたいにしどろもどろ”、試験官は点数を上げようと(こういう善意の先生もいれば、逆に足を引っ張ろうとするヤツもいる)質問をガラリと変えた。
「サルコジ元大統領は右派ですか?左派ですか?」
男子はしばし考え「左派」(試験官はぶっ飛んだであろう)
「ではオランド大統領は?」「う・・・右派」(私が受けたかった!)

小学校から毎年欠かすことなく「クラスで一番おしゃべり」という形容詞をもらっている娘は、試験官の前でしゃべりだしたら止まらなくなり、しかも早口なので試験官は超スピードでメモを取り、20分経たないうちに「もういい」と言われたとか。喜びべきか否か微妙だが、本人は「知ってることは全部言った」とスッキリした面持ちで帰ってきた。

残すは金曜日のフランス語口頭試問。それが終わったら、長いバカンスに炸裂するのである。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ