早熟すぎるフランスの10代

エイズの危険、避妊、ネットに溢れるポルノ、ソーシャル・ネットワークへの依存・・・という時代に生きるアドレッサン(10代)の性を考える学会が2月に開かれ、そのタイトルが『学校、セックス&ヴィデオ』。似たようなタイトルの映画、なかったっけ?
その時に行われたアンケートの結果は:
ファースト・キス
ただのチュッは日常的にやっていることだから、本格的キスのこと。女子は14歳、男子は13歳半が平均。1990年代に生まれた子供は、彼らのおじいちゃん・おばあちゃんの年代(1930-40年生まれ)より3年早く体験していることに。

初体験はファースト・キスの約3年半後
女子は17歳半(1956年には20歳半)、男子は17歳2ヶ月(1956年は18歳8ヶ月)

“一線を越える”きっかけ
「好きだから」「愛情から」は43%(女子)、20%(男子)。「欲望から」は26%(女子)、44%(男子)。
一方、相手に愛情を感じているのが必要、と答えたのは女子の60%。男子40%。行動に移すことより、自分の感情を伝えることに羞恥心がある、と学会は分析するけど、娘の「友達に自慢するためにやっちゃう子が多い」という分析のほうが当たっているような。

避妊
中学・高校生に避妊の必要性が叫ばれているけど、現実にはガードしないで性関係が始まり、慌てて親が産婦人科に連れていくケースが多いとか。事後3日、または5日以内に飲む救急避妊薬も出ている。緊急を要する薬だから、未成年は薬局で処方箋なしで買えるとか。ただし1回だけ。

ピルの安全性
妊娠した15-24歳のなんと3分の2がピルを飲んでいた。そのうち3分の1は「1回も忘れたことがない」。ピルってそんなに頼りにならない避妊法なの?!

未成年の中絶
の数は1990年から2005年の間に42%も増えているという。避妊忘れのアクシデントばかりではないらしい。早く大人になりたい?そんなに生き急いでどうするの?(早く老けるわよ)。
とにかく高校生の女の子を持つ親にとってはギクリとするアンケート結果。

試しに「女の子の初体験って平均17歳半なんだって?」と娘に言ってみたら、
「それ、前にも言ってたじゃん」とか言われて言葉に詰まった。え?前にも言った?
娘にとってはデザートにアイスクリームを食べるか、イチゴとヨーグルトにするかが当面の問題のようであった。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
サ高住ケアあおぞら と申します。
初めまして。サ高住ケアあおぞら と申します。
とてもいいブログですね。また閲覧しに来ますので、これからも更新頑張ってください!

by サ高住ケアあおぞら
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ