メトロで効率よく稼ぐには・・・

前回の続きです。
時間帯:路線だけでなく、時間帯も大事。サラリーマンの帰宅時間が一番の稼ぎ時だ。以前は路上で仕事をしていたアクセルは、「何時間かねばっても5~10ユーロにしかならなかった」
メトロのラッシュ時だと、一度に大勢をターゲットにできるので、路上よりずっと採算が取れるとか。その反面、大勢の前でしゃべるから、最初はビビる。

スピーチ:「“スピーチ”は何度も練習したのに、最初はしばらく言葉が出てこなかった」とアクセル。
メトロに乗っていて、「この人、“演説”を始めるな」とわかることがある。“よし、行くぞ”という気合みたいなもの。けっこう勇気のいるものなんだとわかった。
スピーチを改良するのも売り上げに繋がる。タイル貼り、倉庫係、蹄鉄工、馬丁などの仕事を経験したアクセルは、そのボヘミアンな遍歴を“散文的”に語り、「・・・何もいただけないなら、微笑んでもらえるだけで満足します」と締めくくる。この改良版スピーチから自信が持てるようになったとか。
「我々と同じようにちゃんと仕事をしろ」とか、お説教をする乗客。「・・・今夜、寝る場所を・・・」というセリフに、「だったらテントを買え!」とか。こういう時、腹を立てて言い返してはダメ。次回からの収入に影響する。忍耐力が必要。
一番応えるのは、子供時代の友達に出会ったとき。「見て見ぬふりをされると辛い」

ドレス・コード:ジーンズやトレーナーは擦り切れていようとも、清潔さは大事。彼らは定期的にシャワーを浴び(市営プールとか?)、歯を磨く。地下鉄職員や警察に目をつけられないためにも、“一見、そうは見えない”のがコツ。

法律は寛容:物乞いは法律で禁止されているのにこの数。それはRATP(パリ地下鉄公団)の職員が大目に見ているから。
「出くわすと車両から降りるように言う。でもソコ止まり、罰金は取らない。大抵は僕たちの姿を見ると、向こうから降りる」とRATP職員。警察官も然りで、見ると避ける。

暗黙の決まり:先客の物乞いやミュージシャンがいたら、その車両はパスする、が諍いなく仕事をするための“決まり”。そう言われてみると、2人一緒に現れる、という光景には出会わない。

・・・つまり、他の仕事とあまり変わらないってことだ。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
フランスから帰ってきましたぁ~。
パリの夜はビビリの私にとって、とってもデンジャラスでした。どこから現れたのかホームレス(?)の人達がshopの段差なんかを寝床にしていて、それがよけい怖くて・・・・。メトロでの物乞いは合わなかったですが、ショッピングエリアの歩道で真っ昼間からイスラム教のお祈りスタイルのように頭(おでこ)を地につけて頼み込んでるおばあさん?なんかを見た時は思わず絶句。通り過ぎる時に胸が傷んで・・・。でも、ソレを商売にしている人がいると思うとお金を渡すことは出来ませんでした。あぁいうのはズルいと思いますね。。。なんにしても日本のホームレスとは少し違うなって感じでした。日本のホームレスはたまに馬鹿な若者に面白がられて暴力的いじめに会ったりしてるのですがフランスではどうなんでしょう?
Re: M様
ホームレスが危害を加えた、という話は、私は聞いたことがないので、デンジャラスな思いをされて残念です。
プロの物乞いに腹が立つことはよくありますが。朝市で半身不随のふりをして物乞いをしていた男性が、スックと立ち上がって帰っていくのを見たときなんか!
ホームレスが危害を加えられたというニュースも殆ど聞きません。うちの近くのホームレスたちは、近所の人が話しかけたり、差し入れをしたりと可愛がられています。

コメント返しありがとうございます(^^)
すみません。デンジャラスと言っても何も起こらなかったですし、ガイドブックに書いてるほど実際は怖くなかったんです。たぶん情報を入れ過ぎてたんですね。もちろん私がビビっていたのはホームレスではなく強盗とかスリですが・・・。暗くなると不安ですべてが怖かったんですね。でも現地のガイドさんに「夜のメトロが危険なんて嘘ですよ」って言われてからは夜遅くても全然メトロ乗れました(・ω<)ホテルの従業員の方も皆親切で優しいし、パンは美味しいし、何だか全部がおしゃれだし(笑)凱旋門からの夜景は絶対忘れられない・・・。
何度も行く人の気持ちすっごく理解できます☆
建築とかインテリアに興味のある人はたまんないですね。
エールフランスも良かったです!!評価高いだけありますね~。
余談ですが、TGVのトイレの臭いだけは改善の余地、あると思いますっっ。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ