この夏にラジオでよくかかった『Formidable』
「素晴らしい、素晴らしい。
君は素晴らしかった。そして僕はすごく惨めだった。
僕たちは素晴らしかった。
ベベ、ごめん、マドモアゼル
あなたをくどこうとは思わなかった、誓って本当だ・・・」

“Formidable/素晴らしい”と“for minable/すごく惨め”をかけたリフレイン、女にフラれた男の歌。
Rを強く発音する太い声に、中年のフランス人歌手の顔を思い浮かべた。そしたら、27歳のヒップホップ・エレクトロの歌手。ベルギー人で名前はストロマエ。カフェオレ色の肌に果てしなく細長いボディの・・・ベルギー人?実は父親はルワンダ人、彼が小さいときに出て行って、1994年のルワンダ虐殺で死亡する。ベルギー人の母親は1人で5人の子供を育てた。
11歳から音楽に興味を持って、Académie Musicale de Jetteでソルフェージュと打楽器を習い、15歳でラップを始める。ファーストフードQuickで働きながら学費を稼ぎ、音響エンジニアの勉強をした。
・・・という経歴。
『Formidable』のヴィデオクリップは、真昼間、ブリュッセルの繁華街で泥酔した男(ストロマエ)がヨレヨレになっているのを隠しカメラで撮ったもの。
「このクリップで僕は落ち込んで今にもぶっ倒れそうだ。でも声をかけてくれたのは2人だけで、他の人たちは眺めるか、見てみぬふりをしていた。僕だって彼らの立場だったら無関心を装ったと思う。でも絶望や涙は僕たち人間の一部で、かえって美しいものだ思う。シワやたるみと一緒。困難を生きてきた価値だ」スバラシイ!
歌詞は、
「ちょっと坊や、
世の中には悪人も善人もいないんだよ。
ママンがうるさいのはおばあちゃんになるのが恐いから。
パパが浮気するのはママンが年とったから・・・」
と続く。27歳の青年がこういう詞を書くとは・・・

このクリップはネットに出て3日間で300万人が観た。
「でも教訓じゃない。自分にも他人にも教訓を与えるのはいやだ」とストロマエ。
この歌には『ceci n’est pas une leçon/これは教訓ではない』というサブタイトルがついている。

彼の初めてのヒットになった2010年の『Alors on danse/じゃ踊ろうか』はラップっぽい。

ふざけた名前(ストロマエはマエストロの倒語)、ポップなルックスに、諦めのある暗い歌詞、一時代前のシャンソン歌手(ジャック・ブレルが引き合いに出される)のような歌い方。このミスマッチが、今の時代の心境に合い、相対化できるのか、とにかく人気の人。彼の歌は「異世代を近づけた」とも言われる。
その通り。最初、子供たちが聴いているのを「ナニコレ?」と思ったけど、聴くうちにすっかり深みにはまっていた。

彼の顔、誰かに似てる、と考えていたら・・・
ストロマエ
スカーレット・ヨハンソン!
スカーレット・ヨハンソン

と子供たちに言ったら、スカーレット・ヨハンソンが一番好きな女優の息子は「一緒にしないでくれ」とむくれ、ストロマエを美しいと思う私は「ゼッタイ、似てるって」・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
本当にスカーレット・ヨハンセンに似ている。
そっくり。
Re: やよい様
・・・ですよね!
vraiment il est connu!
ほんとうにゆうめい!
確かに似てる
確かに似てます。
そして私がストロマエに興味を持ったのは、Tous les memesのビデオクリップを見て、彼の女装が「美しい!」と思ったからです。

Re: Blanche Neige様
半分女・半分男のですよね?見ました!
黒人ハーフのモデルみたいです。
Re: Fumiyo様
似てますよね?つまり美男ってことですよね。
歌詞もいいし、リズム感と、なんか哀愁もあって私も好きです。
どうぞまた読みに来てください。
Re: ストロマエが大好き
Mii様
いいですよね!踊れるメロディで主張のある歌詞って稀ではないかと。パリでコンサートがあったら、絶対行きたいです。
日本での人気はどうなんでしょう?
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ