56のアレルゲンを“背負う”3日間

紹介されたアレルギー専門医(allergologue/アレルゴローグ、発音しにくい)は孤高のインテリという風情の女医さん。
まずスクラッチテスト。両腕にペンで印をつけ、針で引っかき、ダニ、動物、花粉、カビのアレルゲン代表選手を数滴たらして15分待つ。たちまちすごく痒くなってきて、2箇所が蚊に刺されたようになる。一番腫れたのはダニ。
じゃ二番目は誰?「猫!」「ギャッ!」
「猫を飼ってるんですか?」(ダニを飼ってるんですか?とは聞かなかった)
「はあ、2匹」
「その猫と・・・」
「できません!」
猫たちは家族の一員(二員)。猫と別れるくらいなら腫れた瞼と一緒に生きていく覚悟だ。それにアナイス(先着猫)はもう10年同居している。
「でもアレルギーは突然始まるんですよ」と孤高の女医。

数日後にパッチテストをする。アレルゲン(38種!)+使っているデマキ、洗顔剤、化粧水、クリーム、ファンデーション、アイライナー、シャンプー、ボディクリーム、洗剤、マニキュア、香水・・・を数滴ずつたらしたパッチを背中に貼る。コスメに関して自分はシンプルな人間、と思っていたけどイヤハヤ。新製品のテストもするのでリストはかなり長くなった。背中がもっと広ければ良かった。

test.jpg

全部で56のアレルゲンの重荷を、72時間背負うことになった。
背中が部分的に痒くなる、でも掻いてはダメ。猫か、ダニか?それとも使っているコスメに反応している?
背中を濡らしたら「一からやり直し」と脅されているので、シャワーだって至難の業だ。

3日後、孤高の女医のもとに駆けつける。もう1時間もガマンできない。バリバリとパッチをはがした(ああ、快感!)女医さんは
「Rien !」「は?」
「どれにも反応していない」
「・・・ということは?」
「接触によるアレルギーではないってこと」
最近、香水・香料にアレルギーをおこす女性が増えているそうで、
「あなたはそうじゃなくてラッキーだわね」
それより猫が犯人でなくてラッキーだ。
結局、テストの結果を持って、ヒッピーの生き残り皮膚科医のもとに舞い戻ることになった。
たらい回しは続く・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
気になるー
毎回楽しみに拝読しています!
続きがとても気になります‼
それにしても、症状が早く落ち着くといいですね。
フランスには以前八年住んでいました。住み始めてすぐに、婦人科、目医者など専門医にかかるために予約を取ろうとしても、平気で数週間後!と予約係りに言われて驚いたのをなつかしく思い出しました!
Re: ぺぺまま様
眼科の”伊良部先生”は予約が2ヶ月先なので文句をいったら「予約取るときにUrgentって言えばいいの」
というふざけた返事でした。フランスは専門医の数が足りないそうです。
続き、読んでください!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ