深刻に雨が降る中、映画館の前に長―い行列。『La vie d’Adèle』(邦題『アデル、ブルーは熱い色』)の封切り時よりさらに長い列は『Gravity』(ゼロ・グラヴィティ)。
宇宙を舞台にしたパニック映画でしょ、と思っていたが、封切り後の口コミ評判で「スゴイ!」と聞き、週末に行かねば!ネットで予約しようとしたら、レ・アールのUGCシネマ・コンプレックス《満席》、ベルシーのシネマ・コンプレックス《満席》、バスティーユのMK2《満席》!・・・こうなると何がなんでも観たくなる。
リヨン駅のUGCでやっと取れた。フランス語吹き替えだけど、ジョージ・クルーニーの声にこだわるほどファンじゃないし。
ゼロ・グラヴィティ

初めて宇宙に来た医療技師、Dr.ライアン・ストーン(サンドラ・ブロック)とベテランの船長、マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)はフワフワと宇宙遊泳をしている。音のない世界に、ヒューストンと交信する2人の声だけ。
突然、どこからともなく宇宙ゴミが飛んできて、シャトルは破壊される。ヒューストンとの交信も途絶え、命綱で繋がれた2人は、宇宙に取り残された。死の舞踏が始まる・・・

ゼロ・グラヴィティ

初めて3Dが正当化された作品。映画館の椅子に座ったままで地球の美しさに見とれる。宇宙ゴミが向かってきたら、はっと避け、気の遠くなるような空間に恐くなる。
そこで人間はなんとちっぽけでなんと無力・・・パスカル(大学でやった!)も恐れた「無限の空間の永遠の沈黙」だ。

監督のアルフォンソ・キュアロンは、一体どうやって撮ったんだろう?
この宇宙のリアリズムに、ジェームス・キャメロンは「宇宙を舞台にした最高の映画」と称えたそうだが、キュアロンは「すごく嬉しいけど、彼はキューブリックの『2001年宇宙の旅』を忘れていたんだろう」。
企画を思いついた4年半前、『グラヴィティ』は実現不可能だ、という声が多かった。「いや、実現可能だ。それに必要な“道具”を発明しさえすればいい」と励ましたのが、キャメロンだった。
キュアロン(紛らわしいわね)は宇宙を舞台にした映画を何本も観たが、『2001年・・・』だけは観れなかった。「観たら、体がすくんで映画が撮れなくなっていた」

ゼロ・グラヴィティ

主人公は女性でなくてはならなかった。「母なる大地と呼応するのは女」。
観る前は「なんで、サンドラ・ブロックなんだ?」と思ったけど(アンジェリナ・ジョリーはじめ、色々候補に挙がったらしい)、いや、悪くない。

とにかく、他のパニック映画とは完全に一線を画した作品。1時間半、広大な宇宙に漂い、その中で「一体、わたしは何をしてるの?」と形而上学的( !?)な思いに浸れる。小さなことにクヨクヨしても仕方ない、と。

Gravity
アルフォンソ・キュアロン監督
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
フランスで公開中
日本では12月13日封切り


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ