日と仏、違うのはティッシュだけじゃない

羽田空港(初めて!)に着いたとたん、ピカピカに磨かれた床が印象的。娘が小さかった頃、「寝転びたい!」と叫んだ清潔な日本。違いはもちろんこれだけじゃない。

クリスマスとお正月
カトリック国フランスでクリスマスは家族と祝うもの。23日、24日にはスーツケースを引きずった人たちが駅に向かい帰省ラッシュになる。家族が一堂に会するのが鬱陶しくて、クリスマスが嫌いな人も少なくない。大晦日は友達と集まって馬鹿騒ぎをする日。日本と逆。

従業員の数
レストランでもお店でも10㎡にいる従業員の数が日本のほうが確実に多い。フランスでエレベーターガールはおばあちゃんの時代に消滅している。レストランでスタッフを呼ぶベルがついているのは考えられない。世界中が評価するとおり、”サービス”がとても大切な国だ。

ティッシュの薄さ
日本のティッシュはフランスの3分の1くらいの薄さ。よくここまで薄く切れるなあ。鼻をかむとき頼りなく重ねないと使えない。”クリネックス”もっと持ってくればよかった。

本家ユニクロVSユニクロ
フランスのユニクロは1ヶ月内返品・交換が可能。日本は3ヶ月以内。なんで3倍も猶予があるの?試着室に入る前に、ささっと綺麗にしてくれるのはフランスでは考えられないサービス。ユニクロの労働条件が問題になっているというけど・・・

その労働条件
息子は「ゼッタイ日本の会社では働きたくない」。就業時間の多さ、休日の少なさ、労組の弱さ、ヒエラルキーの厳しさ、私生活のなさ・・・が理由。まあね、そうじゃないとは言えない。ベテラン編集者の友人は、不景気で人手は減り、残業禁止になり、会社にとって経費は減ったものの、残った仕事をうちに持って帰らなくちゃならない、とぼやく。なんかパラドクサル。

不安な食卓
悪質な中国食品が横行する日本。フランスでも牛肉と称して馬肉を使ったラザーニャやミートボールが問題になった。馬肉はフランスでも食べるから、馬が悪いというわけではなく、ウソの表記と、薬漬けになった老馬を使っていたことが問題。より安い材料でサヤを設けようとした業者の魂胆は日本もフランスも一緒。

料理番組
テレビをつけると、日本各地に行って色んなものを食べまくる番組の多さにびっくり。試食するタレントいかに美味しさ表現するかを競い合っている。フランスも料理番組は人気で増えているけど、素人に作らせてプロが評価するのが多い。

・・・「年末を日本で過ごすのは何年ぶり?」「マツケンサンバを紅白で見たのが最後・・・」「10年前!」だそうです。
今年もたくさんの方に読んでいただいてありがとうございます。
2014年が平和で穏やかな年になりますように!


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
賀正
あけましておめでとうございます。今年も楽しい記事を期待しています。食べ物番組は確かに多いですね。日本人ほど食べ物を追及している国民はいないのではないかと思えます。日本の休日を楽しんでください。
Re: 豊栄さま
おめでとうございます。いい年でありますように!
そうですね、美味しいもの追求と、新しい組み合わせの発見。日本のご飯は魅力です。
日本の休日はあっと言う間でした。
今年も読んでいただけたら嬉しいです。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ