「今まで生活をともにしてきたヴァレリー・トリエルヴェレールとの関係を終わらせたことをお知らせする」
土曜日の夕方、AFP(フランス通信社)に「大統領としてではなく、個人として」送られたオランド大統領のメッセージ。
この内容の了解を取ろうと、オランドは何度かヴァレリーに電話したけど、彼女は応えなかった。裏切ったのはアナタなんだから1人で責任取りなさい、ということらしい。

翌日日曜日の新聞は第一面に大統領カップルの破綻を取り上げた。「・・・終わった」「物語の終焉」・・・

フランソワ・オランド&ヴァレリー・トリエルヴェレール

女優ジュリー・ガイエとの関係が暴かれてから2週間後。大統領としてはもう少し緩やかに別れ話を進めたがったらしいけど、アメリカ公式訪問に同伴するのかしないのか?などマスコミのプレッシャーが強くて、これ以上延ばせなくなった。
これでアメリカ公式訪問はファースト・レディ(アメリカのメディアは“ファースト・ガールフレンド”と呼んでいる!)なしで行くことに。
第一、オランド大統領は「エリゼ宮にファーストなんじゃらはもう迎えない」と宣言している。女はもう沢山、ということではなく、正式に大統領のパートナーという肩書きの女性は迎えない。秘書、プレス、ボディガードとお金がかかり、愛情物語が終わる度に公式発表するなんて!ということらしい。アンジェラ・メルケルの旦那さんも公式に現れたことはないし、いいんじゃないでしょうか・・・
20ヶ月“ファースト・ガールフレンド”だったヴァレリー・トリエルヴェレールは元Paris Matchのジャーナリスト。歴代の大統領の伴侶の人気投票では最下位(1位がベルナデット・シラク、2位:カーラ・ブルーニ)。
オランドの浮気がバレた直後、エリゼ宮で廊下まで響きわたる“夫婦喧嘩”があり、逆上したヴァレリーが高価なセーヴルの壺などを叩き割ったとか。噂は少しずつオヒレがついて、壊された“国有備品”の総額は300万ユーロとか・・・どこからこの金額が出てきたことやら、でも“廊下まで聞こえた怒声”までは事実らしい。
大統領の発表を受けて、ヴァレリー・トリエルヴェレールは「エリゼ宮の素晴らしい人物に感謝の念」を表明し、「別れの時見せた誠実さ、動揺を決して忘れない」という殊勝なセリフをツィート。
その舌の根も乾かぬうちに、
「だから醜男を選んだのに・・・男なんてみんな同じね」と言ったとか、言わないとか。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ