雨でも雪でも日曜は朝市

ポルト・ド・ヴェルサイユで農業市が始まった。フランスでも“より健康的に、より安全なものを食べる”傾向。食生活についてのアンケートで70%の人が「自然な食材を食べたい」と答えたとか。
「ではあなたにとって”自然な食材”とは何なのか?」という質問(がしたくなりますよね)に、
「生産者がわかっている、または知っている食材」。
BIO(オーガニック)という答えを予期していたら意外。でも「生産者がわかっている=どうやって作っているかが見える」だから、実は的を得ていません?

フランス人の肥満が問題になりだした10年くらい前、厚生省が「一日10種類の野菜・果物を食べましょう!」というスローガンを打ち出した。同時に「今日あなたはどんな野菜を食べましたか?」というアンケートをしたら、過半数の人が自信を持ってパスタ、お米を野菜に入れていた。肉や魚の付け合せにするものは全部野菜、と思っていたらしい。それを考えると、大変な進歩ではない?スバラシイ。

野菜の生産者では、ジョエル・チボーのオーガニック野菜が有名だ。私が時々構師(!)をしに行くお料理学校の先生は、全部そこで買っているそうだけど、トロカデロまで出かけて行くほどオーガニックへのこだわりも時間もない。その代わり、日曜日は必ず近所の朝市に(昼頃)行く。人気の商店は行列ができるし、時間帯によっては人をかきわけないと進めないくらいの混雑だ。

春を告げる水仙売りのオバサン
パリの朝市

パリの朝市

野菜は15年以上通っているイタリア人のエルザおばさんの店。冬でもまあ美味しいシチリア産のトマトや水気の多い白いズッキーニ。丸くてデカいイタリア茄子があるとはさみ揚げを作りたくなる。

白ズッキーニ

日本語に訳すと赤面するBoule d’orというカブもここで知った。皮が黄金色(or)で、ほっこりしていてポトフーに入れると美味しい。そのカブを(赤面しながら)買っていたら、隣の女性が、
「ソレ、どうやって料理するんですか?」
「クスクスに入れようと思って」と答えると、彼女は私をマジマジと見て、
「あなた、どこのご出身?」
日本人は寿司ばかり食べていると思ってるのかしら?

明日は鮭、あさっては子牛カレー、その次の日は・・・出かけるから子供たちが勝手に作ればいい」と考えて買い物するんだけど、よく忘れるのがその日に食べるもの。今日もキャディ一杯買い物して、
「で、今日は何を食べるの?」
「・・・・」

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ