BONNE ANNEE!

202652711.jpg

ボナネ!
新年、明けましておめでとうございます。

ノエルから新年の“お祝いの季節”に欠かせないのがシャンパーニュ。31日の年越しに友達を呼んで「アペリティフは何がいい?ウィスキー、ポルト、ウオッカにトマトジュース・・・それからシャンパーニュ」と聞くと、ひとりが「あたし、シャンパーニュ」「ぼくも」「じゃ一緒」と結局みんなシャンパーニュが好きなんだ。

夫の家族がシャンパーニュ製造業なので、身内ブランドのはよくもらうけど、時々ほかの銘柄も買う。一番好きなのはDeutz とHenriot。後者はソムリエたちが選んだ「コストパーフォマンス・ベスト10」で昨年1位に輝いた。お値段は23ユーロ。
シャンパーニュ地方のVin tranquille(静かなワイン)のひとつ、Bouzy rougeも美味。文字通り発泡性ではない軽い赤ワインで冷やして飲む。

シャンパーニュ地方の言い伝えに、生まれたばかりの赤ちゃんの唇にシャンパーニュをたらし、しかめ面をしなかったらその年は当たり年、というのがある。うちの子供が生まれたときも、夫が産院にシャンパーニュを隠し持ってきて、赤ちゃんの唇を湿らせた。
お祝いのときには子供たちも「グラスに半分」のシャンパーニュを飲むのが普通だけど、この「子供の頃からちょっと」が危ない、と雑誌に書いてあった。アルコール依存症の下地を作るってこと?
あれもダメ、これも要注意と、お楽しみをひとつひとつ取り上げられるみたい。そう、1月2日からフランスは禁煙国になりました!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ