ショッピングモールはあまり好きじゃない、と思っていた。レ・アールも、行けば必ず迷い、目的地に着く前に疲れている。でも、このボーグルネルはかなり話題になっているし、行かないわけにはいかない。

地下鉄シャルル・ミッシェルから歩いて4分。ボーグルネルはMagnetic/マニエティック、Panoramic /パノラミック、City/シティの3つの建物からなっている。私達に関心あるのは、ブランドが集まったマニエティックとレストランとマークス&スペンサーの入ったパノラミック。
一番大きなマニエティックに引き寄せられる。吹き抜けで明るく、天井のステンドグラスが美しい。中央のエレベーターの周囲にブティックが並んでいて、さすがの私も迷いようがない。エレベーター前で待ち合わせた友人ともちゃんと会えた。

地上階(0階)にはMaje/マージュ。ここ数年でパリジェンヌのお気に入りブランドになった。

マージ/Maje

アクセサリーを変えればそのまま夜出かけられるような服、この冬はボックス型のジャケット+スリムパンツがすごく流行った。ワンピースで195~250ユーロ、ジャケット265から365ユーロ。
その数件先には、マージの姉妹ブランド、Sandro/サンドロ。文字通り、両ブランドの創立者が姉妹だ。マージよりラフで値段もやや安め。このファミリーはクローディ・ピエルロも傘下にして”御三家”をなしている。

フランスの伝統ブランドが2つ:1763年創業のバカラと1828年創業のゲラン。
ゲランの新しい香水、La Petite Robe Noire Coutureを試してみる。夜に似合いそうな香り。空港にはないパルファンや限定ボトル、メイクも揃っている。

ゲラン/Guerlain

エレベーターを上がると、中央にインフォメーションデスク。

ボーグルネル

ショップ案内だけでなく、免税手続きもここで。ボーグルネル内のブティックは個々でも免税手続きをしてくれるが、1点では免税額(175ユーロ)に達しないものをいくつか買った場合、まとめて手続きできてラク。

パレットのように並んだポロ!ラコステはインフォメーションデスクの前。

ラコステ/Lacoste

発色が綺麗で、ニセ物にはマネできない。フランスでは白髪のムッシューが赤やショッキングピンクのポロを着ていて、よく似合っている。お父さんのおみやげにいかが?

この1階(日本式2階)には日本未入荷、子供服のJacadi/ジャカディ。シンプルでパリっぽい。
こんな感じ・・・
ジャカディ/Jacadi
photo:jacadi.fr

その向かいには日本でも大人気のロクシタン。フランスではエイジングケアのディヴィヌ・シリーズが一番人気とか。
時計を見るともう1時半、お腹が空いてきたはずだ。続きはお昼を食べてから、とパノラミック館に入ると、パティスリー・デ・レーヴ(夢のお菓子屋さん)があった。ここやジャカディではクーポンでプレゼントがもらえるので、帰りに寄ろうか?
女がショッピングをしているとき時間はとりわけ早く過ぎる。
「ショッピング・センターが好きじゃない」って言ったの誰だ?


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ