「今年一番の作品!」(個人的に)ともう言ってしまえるのが、スパイク・ジョーンズの『Her/世界でひとりの彼女』。

her/世界でひとりの彼女

妻と1年前から別居しているが、諦めがつかず離婚届にサインできないでいるセオドア。代書WEBサイトに勤め、人に代わって家族や恋人に手紙を書く仕事をしている。
感情のこもった彼の手紙は評価されるけど、実生活では心を閉ざした孤独な人間だ。
ある日、セオドアは新しいオペレーティングシステムを見つけ、女性の声を選ぶ。相手に順応し、変化するように作られた人口知能は、名前を「サマンサ」と言った。セオドアは次第に「サマンサ」にのめりこんでいく・・・

her/世界でひとりの彼女

セオドア役のホアキン・フェニックス。内向的でちょっと変人というキャラが似合い、すごく上手い。
サマンサの声役のスカーレット・ヨハンソン。最初、サマンサ・モートンが「彼女」だったが、ポストプロダクションで差し替えられた。スカーレット・ヨハンソンは、相手なしで演じるハメになったのに、この情感!かすれた絡みつくような声がすごくいい。

暖色を多く使った映像が綺麗。視覚的にも、近未来映画というより、時代を越えた愛の物語だ。
アカデミー最優秀シナリオ、スカーレット・ヨハンソンはローマ映画祭で最優秀女優賞を獲得している。
この作品、フランス語タイトルも『Her』だけど、私がちゃんと(?)発音しても通じず、仕方なく綴りを言うと「あ、ヘールね」「!!」その上、日本人の英語の発音はわかりにくい、なんてまったく!
日本公開6月28日

ジョン・タトゥーロの『Apprenti Gigolo/見習いジゴロ』。

apprenti gigolo

本屋と花屋を営む2人のオジサン(ウッディ・アレン&ジョン・タトゥーロ)、商売はぱっとせずお金がない。
そこで本屋(ウッディ・アレン)は、自分が客斡旋、花屋が売春夫のコンビで一儲けしようと考えつく。

面白く作れば面白くなる設定なのに、カリカチュア(特にシャロン・ストーン)な描き方が多くて失敗している。といっても、久しぶりのウッディ・アレン節には笑ったし、飄々としたタトゥーロ(この俳優、今まで気がつかなかった)がいい・・・と言うことは、観て後悔はしない作品。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ