「世界のベスト・レストラン50」の信憑性
世界中のシェフ、料理評論家900人が投票して決めるWorld’s 50 best Restaurants。1人7件-そのうち3件は外国のレストラン-に投票、過去18ヶ月以内に試食しているのが条件だ。
世界中から選ぶなら、ゼッタイ日本とフランスが上位に並ぶ、と信じて疑わなかった、ところが全然・・・
1位:NOMA(コペンハーゲン、デンマーク)
2位:El Celler de Can Roca(ジローナ、スペイン)
3位:Osteria Francescana(モデナ、イタリア)
「?!」とランキングを見ると、50位以内にフランスは5件のみ。
11位 : Mirazur (マントン、シェフ:マウロ・コラグレコ)
25位:L’Arpège (パリ 、シェフ:アラン・パッサール)
27位:Le Chateaubriand(パリ、シェフ:イナキ・エズピタルト
31位: L’Atelier de Saint-Germain(パリ、シェフ:ジョエル・ロビュション)
38位: L’Astrance(パリ、シェフ:パスカル・バルボ)
日本は、
14位:ナリサワ
33位:龍吟
だけ。ムムム・・・

1位のNOMAは過去3回(2010-2012)も1位になっていて、一体何を食べさせれば1位になるのか、と探したらExpress Styles (Express誌の別冊)に試食した人の記事があった。

デコレーションの盆栽ではなく、突き出しの“地衣類”。調べると「菌類と藻類からなる共生生物」・・・ますますわからん。これ、全部食べるの?

ワールドベストレストラン2014

スィート・オニオンと梨のキャラメリゼに、乾燥させた北極アリのふりかけ

ワールドベストレストラン2014

バーベキューで炭化させたポワロ葱の中に、タラの肝。焦げたものって発がん性じゃなかった?

ワールドベストレストラン2014

5週間“熟成”させた牛のスペアリヴに新鮮な香草をたっぷり。
試食者曰く「腐りかかった匂いが食欲をなくさせる」

ワールドベストレストラン2014
photos:Express Styles

デギュスタシオン・コースは200ユーロ。それぞれの料理に合ったワインつき(accord mets-vins)だと335ユーロ。
それだけ払って、菌類やアリのふりかけや腐りかかった肉を食べたいわ、と思いつつ、記事をちゃんと読むと、このレストランで2013年2月に食べた人63人が食中毒になったんだと。にも拘わらず1位に返り咲いたわけ?

実は、この「世界ベスト50」の審査員に選ばれたフランス人が次々と降りている。
去年、審査員になったatabula.com編集長によると、ベスト50の選考は「かなり不透明で、結果は前から決まっていた印象」。審査員の中に食品業界のメーカーもいて、袖の下が横行という噂。フランソワ・シモン(日本でも有名な元フィガロ誌の食評論家)、フランソワ=レジス・ゴドゥリー(エクスプレス誌の食評論家、ラジオ番組も持っている)も審査員を降りている。
やっぱり・・・
世界一のガストロノミー国はフランスと日本!私の真念に変わりなし。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ