娘はバカロレアが2週間後に迫っている。その勉強をしているのかと思ったら、
「それどこじゃないのよ!」
確かにその後どこの学校に入れるかが大問題だ。バカロレアは大学入試資格試験で、入学試験ではないから。

3年前、娘がBoulleという美術高校に(思いがけず!)入れたときは、親も一安心だった。Boulleは、空間デザイン、家具、オブジェやジュエリーデザイン・・・など応用アートで有名だ。
「手に職を持てば失業知らずじゃない?」と友達にも言われて「これで私達の老後も・・・」なんて安心していた。
1年経ち、2年が経ち、高校でも進路を話すようになる頃、娘は、
「応用アートはどうしても好きになれない。絵が描きたい」
「えっ ?!」
「イラストとか漫画とか・・・」

娘は小さい頃から場所をかまわず絵を描いていた。紙がなくなれば、レストランの紙ナフキン、ティッシュの箱、タンスの扉(!)・・・私は絵が苦手だったので、隔世遺伝?
自分がやりたいこと、情熱が持てることと出会うのはなかなか難しいし、好きなことをやらせてやりたい、と思う一方、それで食べていけるか?という問題がありますよね。引き裂かれる思い。

結局、イラストレーションで定評のある美術学校2つに願書を出し、滑り止めに普通の大学の日本語科を選んだ。美術学校の願書は、風景、人物、自由課題の作品とlettre de motivation(自分のアッピール)、高校の成績からなる。
まず書類選考で次が面接。

第一志望の学校から「何月何日何時に面接にきなさい」という通知が届いたとき、娘は(親も)狂喜した。どういう基準で選んでいるんだろう?作品?学校の成績?lettre de motivation じゃないことは確か。謙遜の美徳がない国だから、天才か!と思う内容だ。
面接は作品を見せて説明するので、彼女は毎晩遅くまで描きまくり、私は深夜に“試験官”の役をやらされた。100人中9人採用という狭き門なので、あとは運を天・・・

面接の結果を待ちつつ、バカロレアの準備を始める。どの学校もバカロレア合格が条件だから、50%取れれば受かるとは言ってもおろそかにできない。
この頃になると、授業に出ないで勉強する子が多い。出席がうるさい学校なので、行かないとすぐ電話がかかってくる。
無視して無断で休ませる親もいれば、風邪だ、頭痛だと言い訳を考える親もいれば、「授業に出ている暇がないんで、うちで勉強させます」ときっぱり言う親もいる。
私はその日の気分で使い分けている。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ